上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
ロングレール介在弾性分岐器(ホーム内)


JR神戸線の上りホームから加古川線ホームへつながる分岐器です
ロングレール内に設置されている分岐器なので、本線側には継目がありません
また、弾性トングレールが使用されているため、ヒール部の継目もありません

ホームが少しゆがんでいるように見えますが気のせいではありません
分岐器が設置されると、分岐側の曲線に合わせて建築限界が拡大されます
建築限界とは、列車が安全に走るために構造物を設置してはいけない範囲のことで
曲線部では余裕を持たせるため限界寸法が拡大されます。
そのためホーム内に分岐器が設置されると、ホームは少し削られてしまうのです
↓の写真だと、ホームが削られているのが良くわかると思います。
Panasonic_P1020990.jpg

弾性トングレールと基本レールとの間に、凸凹の部品が組み合わされていますが
これはロングレールである基本レールがふく進した時に、
分岐器が転換不能になるのを防止するため、両方のレールを固定しています

位置情報(googlemap)
  
コメント

こんばんは
先日、鉄道の本を読んでいて「建築限界」と言う言葉が出てきたので
今回の記事・・・とても興味深く読ませていただきました。
ホームがゆがんでいる(削られている)理由がよくわかりました。
これから駅に行った時には 気をつけて見てみたいなと思いました。

すみません、こちらに書いてもよろしいでしょうか。
数日後に公開設定に戻そうと思っています。何かあっても対処できるように・・今、その作業をしているところです。(詳しくは記事に書いています。)不安ですが、もう一度頑張ってみようと思います。
(申し訳ありません・・このコメント・・ご迷惑でしたら削除してくださいね。)
---------- sara [ 編集] URL . 03/09, 20:56 -----

>saraさん
建築限界もご存知なんですね~
ホーム内に分岐器があるところは珍しいので
もし見つけられた際はまたよく見てみてくださいね

そちらの記事も読ませていただきました
再公開は勇気のいったことと思います
応援してますから、またどしどし疑問をぶつけてくださいね♪
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 03/10, 01:03 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/92-7ade8815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。