手動式ダブルスリップスイッチ


ラーニングゾーン2階の原理・仕組み展示コーナー
DSSがありました。といっても模型用(?)のDSSですが
写真に見える白い転てつ棒を動かして進出方向を決めることができます
タモリ倶楽部でも結構盛り上がってましたね
私もDSSの可動部を自分で動かすのは初めてでした♪

鉄道博物館 - その1(ターンテーブルの巻)
鉄道博物館 - その2(青ガエル発見の巻)
鉄道博物館 - その3(双頭レールが相当あるの巻)
鉄道博物館 - その4(DSSを動かしてみたの巻)
鉄道博物館 - その5(軌間だって変えられるんだの巻)
鉄道博物館 - その6(峠に挑む機関車とレールの巻)
鉄道博物館 - その7(船の上の三枝分岐の巻)



線路方向から見てみました
トングレールも精巧に作ってありますね
クロッシングは樹脂で一体成型してあります

ポイントマシン展示


DSSの目印はこちらです
上にちょっと見切れてる箱の上にDSSが置いてあります
2007.12.09 (Sun) 00:00 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 ダブルスリップスイッチ(DSS) ]
[ タグ : DSS ]
  
コメント

これはGゲージ用のLGBのDSSですね。
Gゲージというのは庭園鉄道用の模型で、たしか1/22のナローゲージです。

これもリアルですが、PECOというところがもっとリアルなDSSとSSSをNゲージやHO用に製品化していますよ。篠原模型もHOなら精巧に作られています。
---------- 春風☆一 [ 編集] URL . 12/11, 22:27 -----

>春風☆一さん
こんばんは
定規を持っていったわけではないので、正確な大きさはちょっとわからなかったです
模型は不案内なもので、あまり見たことが無いのですが
いろいろあるんですね
また機会があれば模型を見る際にも気をつけて見たいと思います
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 12/12, 00:33 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/69-f79f7094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)