私鉄の高性能電車


ヒストリーゾーン クモハ101形式電車の横に
そのお手本となった私鉄電車の写真がありました
東急を代表するのはやはり青ガエルです
青ガエルの採用技術は張殻構造車体と直角カルダン駆動
直接国鉄の通勤用電車へ採用されてはいませんが
それでも青ガエルの歴史的価値に変わりはありません
・・・渋谷なんかじゃなくてここにあっても全然いいのに



拡大した写真です。写っているのは
5005-5118-5105-5368-5036
東横線桜木町発渋谷行きの急行のようです

鉄道博物館 - その1(ターンテーブルの巻)
鉄道博物館 - その2(青ガエル発見の巻)
鉄道博物館 - その3(双頭レールが相当あるの巻)
鉄道博物館 - その4(DSSを動かしてみたの巻)
鉄道博物館 - その5(軌間だって変えられるんだの巻)
鉄道博物館 - その6(峠に挑む機関車とレールの巻)
鉄道博物館 - その7(船の上の三枝分岐の巻)

湘南スタイルのなかまたち


クハ86形の模型展示の横に
同じ二枚目の電車が並んでいます
そんな中、がっちりセンターのカエルと湯たんぽ

ところで青ガエルの写真はさっきのと同じですね
でも、微妙にトリム範囲が違いますね

2007.12.02 (Sun) 22:58 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 東急旧5000系(青ガエル) ]
  
コメント

こんばんは
体調のほうは大丈夫ですか。
今年はインフルエンザも流行するそうですので、お体に気をつけられてくださいね。

先日読んだ本に、青ガエルは「名車5000系の誕生」・・そう書かれていました。
静かで乗り心地がよかったらしいですね。そして、沿線の人々に親しまれた電車だったのですね。
私も鉄道博物館に展示保存されていたらいいのに・・・そう思いました。
(渋谷では、屋外展示なのですか?)
---------- sara [ 編集] URL . 12/06, 23:54 -----

>saraさん
体調の方はなんとか職場復帰もできました
インフルエンザではなく、感染性胃腸炎にやられたみたいです
こういうときだけは実家暮らしに戻りたくなりますね(笑)
有給も残り少ないので、インフルエンザには気をつけたいです♪

青ガエルは名車
少なくとも僕はそう思ってます
ただ冷房化ができない電車だったので、
今の世の中で走り続けるということは難しかったのかもしれません

渋谷のカエルは5001という貴重なトップナンバーだったのですが
なぜか2/3の長さにカットされて
屋根も無く、ハチ公の前に置かれています
設置されて時間もたち、塗装にもダメージが出てきているようです
また機会がありましたら、早めに会いに行ってあげてください
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 12/08, 11:07 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/67-695a9332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)