上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
特殊広軌 中交換箇所


黒部ダムから関電専用トンネルをバスに乗って
「作廊」という場所でインクラインに乗り換えました
ここから黒部川第4発電所まで、高低差456mを降りていきます
ちなみに案内の方の説明によるインクラインとケーブルカーの違いは
・インクライン 主に貨物運搬を行う 厚生労働省管轄
・ケーブルカー 旅客運搬のみを行う 国土交通省管轄
ということだそうです

そしてこの写真は中間にある交換箇所
ここでA車両とB車両が交換します
分岐設備自体は普通のケーブルカーと変わりませんね

位置情報(google map)

ちなみに京都蹴上のインクラインは複線なので交換箇所はありません

A車両


黒部第4発電所駅に着いたA車両です
中は水平で、30人の見学者が一緒に乗ることができました

インクライン設備概要図


(クリックすると大きい写真になります)



作廊にある巻上機



発電所から上を見上げるの図
案内の方の説明によると、軌間は2,000mmだそうです


黒部関電ルート目次
関電トロリーバス - 黒部ダム
関西電力黒部ルート - インクライン
関西電力黒部専用鉄道上部軌道 - 黒部川第四発電所前
関西電力黒部ルート - 欅平上部
関西電力黒部専用鉄道 - 欅平下部
黒部峡谷鉄道 - 欅平
黒部峡谷鉄道 - 宇奈月
2007.11.08 (Thu) 00:52 CM5. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 特殊鉄道 分岐器 ]
[ タグ : 特殊鉄道分岐器 ]
  
コメント

 懐かしい写真です。私の青春時代は富山で過ごしました。
立山,剣、後立山、黒部、白馬連峰、槍、穂高など北アルプスを兄と一緒に歩き回りました。

 このインクラインは乗ってませんがダムから欅平までは、立山、剣~黒部峡谷への登山の途中で工事用のトロッコに便乗せてもらった事があります。ハダカ電球だけの屋根無しのトロッコでした。カッパを着て、暗黒の中の乗車でした。勿論、無料。
 また黒部渓谷鉄道は、命保障しませんの注付の切符での乗車でした。

 黒部ダムの工事用の通路は1、欅平からのトンネルルート、2、黒部川沿い(黒部渓谷)の側道、3、大町ルート、4、富山ルート(今のアルペンルートのダムまでの富山県側)でした。

 この時期は工事資材は立山一の越、越えでボッカが担いであがってる時代でした。富山側は道路も工事中、ケーブルもまだでした。

 我が青春時代もあったのだと、元気な頃を思い出させてくれました。歳がばれそうですが詮索はなし。

 懐かしさのあまり、グダグダと、失礼。
---------- TAKATAKATAKA [ 編集] URL . 11/08, 15:19 -----

日本にも広軌が一応あるんですね。
そしてはじめてインクラインの意味を知りました。ケーブルカーの貨物列車版なんですね。インクラインが最初にできたとすればケーブルカーは人用インクラインというところでしょうか。

ちなみに、写真には中央換箇所ではなく中換箇所と書いてありますよ。「なかこうかんかしょ」ってとこでしょうかね。
---------- 春風☆一 [ 編集] URL . 11/08, 17:00 -----

>TAKATAKATAKAさん
素晴らしい思い出をお持ちですね
立山のトロッコといえば、常願寺川の砂防トロッコでしょうか?
そちらの方も機会があれば行ってみたい所です

見学の過程で、工事のルートについても説明がありましたが
立山越えのルートは初耳でした
とにかく景色も、あの当時の日本の技術も同時に感じることのできる
素晴らしい場所ですね

>春風☆一さん
ご指摘ありがとうございます
すっかり中央だと思い込んでいました(笑)
インクラインの定義は私もこれで初めて知りました
それだけでも行く価値は十分あったかもしれませんね
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 11/08, 23:47 -----

 説明不足ですみません。
トロッコは関電のルート見学会の案内では、バッテリートロッコ列車と出ていました。200Mのエレベータにも乗せてもらいました。
登山の帰路ですが、渓谷沿いを歩くのにくたっばていたようで、工事関係者に”いかがですか”に誘われてしまったようです。
 
 いい企画でよかったですね。思い出させてくれてありがとう。
---------- TAKATAKATAKA [ 編集] URL . 11/09, 08:17 -----

>TAKATAKATAKAさん
バッテリートロッコの方でしたか、今日やっとその部分の記事も書けましたが
えらく盛りだくさんになってしまいました(笑)

その頃でしたら高熱隋道も今よりもっと暑かったかもしれませんね
エレベーターの話はまた次に書きたいと思います♪
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 11/10, 17:00 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/57-d741d64a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。