石底大斜坑
DMC-GM1_P1340478_2018-06-09.jpg
DMC-GM1_P1340476_2018-06-09.jpg
 台陽鉱業公司は1918年に書く行動を開発し深く掘り下げていきましたが、坑内の人力輸送が非効率的で利益を上げにくくなったことから、状況の改善を迫られました。1937年、ここに「石底大斜坑」を開設し、各坑道が連結されました。二年をかけて完成させたもので、まず石底二坑がつながり、続いて一坑、三坑と五坑が連結されました。各坑の石炭が集積され、石炭の洗浄場と連結する石底大斜坑から運び出せるようにし、炭坑からの運搬システムを改善しました。輸送と人力の効率化によって、単一の坑道口から運搬される炭坑としては、台湾最大のものになりました。
 石底大斜坑は海抜254mのところにあり、総延長は5km、幅は1.5km、深さは1km、傾斜は15度で900mの連絡通路が地面から地底へと延びていることから、この名がつけられました。坑道はよく整備されており、古い坑道は換気できるように工夫されていました。台陽鉱業公司は大斜坑を石炭業の拠点とし、労働者は1000人以上に達しました。大規模季節や建築物が建設されたほか、石炭業事務が統括され、石底石炭の規範も定まり、台湾で最大規模の炭坑となったのです。


位置情報(google map)

DMC-GM1_P1340485_2018-06-09.jpg
復元軌道と当時(?)の軌道

DMC-GM1_P1340488_2018-06-09.jpg
巻上機の跡でしょうか

DMC-GM1_P1340487_2018-06-09.jpg
古レールの切株

DMC-GM1_P1340471_2018-06-09.jpg
軌間は実測で485mm(≒19インチ)でした
DMC-GM1_P1340468_2018-06-09.jpg
軌間内のレンガは当時からとすると、トングレールのスペースがなさそうな気がします

DMC-GM1_P1340432_2018-06-09.jpg
菁桐站構内のホッパー
DMC-GM1_P1340443_2018-06-09.jpg

DMC-GM1_P1340461_2018-06-09.jpg
古レール製の案内看板があると思って近づいたけど
何も書いてませんでした

DMC-GM1_P1340416_2018-06-09.jpg
菁桐站構内に保存されている機関車
2019.02.07 (Thu) 21:33 CM2. TB0.
[ 分類 : 旅客運輸事業外鉄道 ]
[ タグ : 特殊狭軌(610mm以下)事業外鉄道車両 ]
  
コメント

毎度閲覧させていただいております。これからも記事の投稿を頑張って下さい。応援しています。
---------- Hira [ 編集] URL . 02/21, 00:47 -----

>Hiraさん
コメントありがとうございます
最近更新頻度が遅くて申し訳ありません
がんばって行こうと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 02/22, 22:06 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/567-8f5c61fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)