ダブルスリップスイッチ(DSS)×2

光明池車庫の入口にある双子のDSS
前から存在は知っていたものの、車庫の中で半分あきらめ入っていましたが
撮り鉄の友人が車内から撮った写真にバッチリ写っていたのを見て
チャレンジすることにしました

P1280069.jpg
そんな訳で都合2往復、チャンス4回の内、ベストの2枚が上記の写真です
1乗車ごとに改札抜けては逆戻りなので、駅員さんには不審者に映ったことでしょう(笑)

P1280057.jpg
左側のDSSと保守車両
旅客車両だけではなく、保守用車の基地にもなっているようですね

P1280077.jpg
こちらが本線から車庫への入口です

位置情報(google map)

以下他に気になったもの

P1280078.jpg
この圧倒的な高低差
結構な勾配があるものと見受けられます
もう一つは、クルクルパーの多さ
踏切の無い路線なのですが、至る所に設置されていました
どんな用途なのか、また調べてみようと思います

P1280082.jpg
座屈防止版が曲線外側に設置されています
夏季のレール張り出しを防止するための設備です
設置の基準なんかも決まってそうですね
  
コメント

特殊発光信号機は、軌道よりも高いところを並走する道路から車の転落があった時に、鉄道側のフェンス(または高欄)上端に設置された検知線が切れることで緊急停止信号を現示します。
---------- 無記名 [ 編集] URL . 08/18, 00:36 -----

クルクルパー、駅の手前と先にあることから駅構内の非常ボタンが押されると点灯するのでは?

例えば京成では横取装置使用時に点灯するので、踏切専用の信号ではないですし。
---------- HO [ 編集] URL . 11/14, 15:57 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/560-30cd49bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)