上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
大聖牛

聳え立つ群馬県庁の横を流れる利根川の河川敷に
古レールで組まれた謎の構造物がありました

DMC-GM1_P1160333.jpg
これは大聖牛(だいせいぎゅう)と呼ばれるもので
河岸保護のため水流を弱める役割があります
一般的には木製のものが多いのですが、
こちらにある大聖牛は東武伊香保軌道線のレールが再用されているそうです

DMC-GM1_P1160343.jpg

DMC-GM1_P1160337.jpg

DMC-GM1_P1160351.jpg
レールの刻印は確認できませんでしたが
断面形状から30kgレールのようです

位置情報(google map)

参考リンク
前橋公園下レール式大聖牛/(公財)群馬県建設技術センター

続き、もう少し下流

板井レール式杭出し水制工
DMC-GM1_P1160385.jpg
県庁からもう少し下流、前橋市と高崎市と玉村町の境界近く
利根川が直角に曲がる攻撃河岸から張り出すように
古レールで組まれた水制工が設置されています

DMC-GM1_P1160398.jpg
上部には大聖牛もいます

DMC-GM1_P1160400.jpg
ゴミが引っ掛かっているということは、ここまで水面が来るということですね

DMC-GM1_P1160426.jpg
近くで見る水制工
DMC-GM1_P1160427.jpg
こちらも刻印を確認することはできませんでした
DMC-GM1_P1160428.jpg
こちら側の岸に近づくのはお勧めしませんw

位置情報(google map)

参考リンク
板井レール式杭出し水制/(公財)群馬県建設技術センター
2017.04.02 (Sun) 22:32 CM0. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 レール ]
[ タグ : レールその他設備 ]
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/555-7e5c5de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。