上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
軌間変換装置

2008年のGWに来た際は、この場所にあった装置は取り外されていたのですが
8年振りに再び訪れてみた所、当時の本線があった場所に移設されていました
この2枚の写真は、前回の記事の写真とほぼ同じアングルのものです
装置自体が隣にお引越ししたのがわかると思います

DMC-GM1_P1150371.jpg
という事で今回は、装置をじっくり見学する事ができました

参考リンク
鹿児島本線 - 新八代
鉄道博物館の軌間可変軌道模型

軌間変換装置全景
DMC-GM1_P1150390.jpg
手前が標準軌(九州新幹線)、奥が狭軌(鹿児島本線)になります

DMC-GM1_P1150394.jpg
標準軌側アプローチ部

DMC-GM1_P1150397.jpg
標準軌側変換開始地点

DMC-GM1_P1150402.jpg
狭軌側変換終了地点

DMC-GM1_P1150403.jpg
狭軌側アプローチ部

DMC-GM1_P1150385.jpg
この黄色い装置が変換装置の前後に1箇所ずつ設置されていました。
これが何かというと↓
DMC-GM1_P1150388.jpg
車輪内面間距離測定装置でした
変換装置通過後に車輪がきちんと動いたかを確認するものですね

制限速度標識
DMC-GM1_P1150379.jpg
この先113m間に渡って最高速度は10km/hです
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/540-32f1d54a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。