組合の旅行で富士急ハイランドへ行ったのですが
あいにく私は絶叫系の乗り物が苦手

隣の河口湖駅で「富士急電車まつり2007」が行われているというので
行ってみることにしました




案内のポスターでは、モーターカーの体験乗車となっていましたが
実際は河口湖駅構内の側線を使って体験運転をさせてもらえました
自社のMCはたまに運転するのですが、さすがに他社のMC運転は初めてです
まずは逆転器を扱って前進に切り替えて、電気ホーンで出発合図
右手でブレーキを払って、タンクから貯めていた空気が無くなれば、
右足のアクセルを踏んでMCが進みます

ゴール地点が見えたら右手でブレーキを入れて減速
だいぶ手前で停まってしまったので、もう一度ゆっくりアクセルを踏んで小移動
無事に停めることができました



車体横の銘板を撮ってみました。松山重車輌工業製のMCです
製造が54年ということは、もう28年も働いてるんですね
ちなみに待ち時間の説明では、このMCは車両工場での入換作業用として使われているそうです
そしてこれとは別に、保線用のMCもいるそうです



お隣では、軌道自転車の乗車体験もやっていました
保線機器整備社製のATカートですね
ウチの会社でも同じものを使っていますが
ウチの会社はお金が無いので、ワイパーもパトライトも後部座席もありません(笑)
またウチのは前進しかできませんが、このATカートは後進もできました

いつも仕事でしか乗らない乗り物ですが、こうやってお客さんで乗るのも新鮮ですね
とても貴重な体験でした
2007.10.21 (Sun) 23:13 CM4. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 軌道機械 ]
[ タグ : 軌道機械 ]
  
コメント

ご無沙汰しております。
富士急の電車祭りですが、このMCの体験運転は誰でもさせてもらえるものなのでしょうか?行ってみたいです。

私は分岐器が好きなことはもちろん、物心ついて最初に覚えた長い単語がマルチプルタイタンパーというくらい、保線車両や保線作業に興味がありました。今は全然鉄道関係の道に進むわけでもなく、付け焼刃の知識しか持ち合わせておりませんが、これからもどうぞよろしくお願いします。
---------- yosi [ 編集] URL . 10/21, 23:41 -----

>yosiさん
こんばんは、お久しぶりです
こちらの体験運転なのですが、本来は事前申込みが必要のようです
http://www.fujikyu.co.jp/fujikyu-line/main.files/densyamatsuri2007.pdf
ただ私が行った際には人数に余裕があったらしく
当日の申込みで運転することができました
その辺は幸運でした
事前申込みをした方には、運転修了証のようなものが渡されていたようです

小田急などではMTTや軌陸車の作業実演を見せてくれたりもしますが
保線用車両を運転させてもらえるイベントというのはなかなか無いですよね
来年もし都合が合うようでしたら、行ってみてはいかがでしょうか
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 10/22, 00:44 -----

こんばんは
>絶叫系の乗り物が苦手 ・・・実は私もなのです。(私も電車まつりの方がいいです。)( ^ ^ )
モーターカーの体験乗車ができるのですね。私も乗ってみたいなと思いました。
ずっと前から思っていたのですが、保線用車両に黄色が多いのは、目立つように・・ということからなのでしょうか。夜でも見えるように・・?
軌道自転車にワイパーが付いてい無い場合は、大雨の時にはやはり前が見えにくくなりますか・・?
(今日も質問ばかりしてしまいました。)
---------- sara [ 編集] URL . 10/23, 23:41 -----

>saraさん
絶叫系苦手なんですか、お仲間ですね♪
モーターカーの乗車体験はあるかもしれませんが、
運転ができるのは本当に珍しいと思います。
待ってる間には小学生以下のお子さんや、付き添いのお母さんも運転されていましたよ

保線用車両の色に関してなんですが
国鉄時代の機械に関しては、一律黄色が多かったように感じます
ちょっと理由まではわかりません
ただ最近の保線用車両はかなりカラフルというか、各社で個性があるような気がします
ちなみにウチの会社はMCは黄色と青のツートン、MTTはクリーム地にピンクのリボンです(笑)
ということで、この色でなくてはいけないという決まりは無いんじゃないかと
そんな風に思います

軌道用自転車のワイパーがないと、ある程度以上の雨では前が見えないです(笑)
まぁ側面が開いていますので、そういう時は横から顔を出しながら点検していますよ♪
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 10/25, 00:40 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/51-366d40b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)