廃線跡遊歩道
DMC-GF2_P1110359.jpg
中央東線勝沼ぶどう郷駅の東京方に
廃線跡のトンネルがそのまま遊歩道として残されています
前から行きたいとは思っていたのですが、
漏水による補強工事のため閉鎖されていたため未訪でした。
25年4月にその工事も終わり、
通行が再開されたということで行ってみることにしました。

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1110418.jpg
勝沼ぶどう郷側入口
左の2本は現役の新トンネルです

DMC-GF2_P1110268.jpg
駅方向はこんな風景です

DMC-GF2_P1110272.jpg
トンネルは線路両側が舗装されている他はほぼ現役当時のままになっています

DMC-GF2_P1110266.jpg
写真をクリックすると拡大します

トンネル説明板

DMC-GF2_P1110267.jpg
トンネル利用案内

DMC-GF2_P1110271.jpg
門扉の裏に隠れていた標準歩行時分表示板

DMC-GF2_P1110371.jpg
東京方出口
こちらにも駐車場があります。

DMC-GF2_P1110376.jpg
橋の上の線路上の物はタイルです



以下トンネル内部

50Nレール
DMC-GF2_P1110280.jpg
トンネル内部は全線に渡って現役当時の線路が残されています
レールは50Nで読めた刻印によれば、新日鉄1981年製のようです

PCマクラギ
DMC-GF2_P11103689.jpg
トンネル延長の約7割がPC(プレストレストコンクリート)マクラギでした。
両端のマークによると、3号マクラギ5形締結装置
1986年興和コンクリート(現極東興和)製の様です

参考リンク
5型締結装置 / 保線ウィキ

センタードレン
DMC-GF2_P1110344.jpg
トンネル東京方の線路は湧水を流すためのドレンが設置されている珍しい形となっています
構造は短マクラギと並マクラギが交互に配置されています

F型タイプレート締結装置
DMC-GF2_P1110395.jpg
締結装置はF型だと思うのですが、F型にしてはバネの先が丸いような気がします
もし正しい物をご存知でしたらご教示いただければと存じます

参考リンク
F形タイプレート / 保線ウィキ

継目板+H型タイプレート
DMC-GF2_P1110352.jpg
継目は支え継ぎでH型が使用されています

DMC-GF2_P1110411.jpg
退避箇所の壁に犬釘が刺さっていました。
ここだけではなく何か所も同じように打ってあったのですが、理由は不明です。

勾配標
DMC-GF2_P1110325.jpg
東京方面から甲府方へ25.2‰から25.0‰(共に下り)への変更点です

キロポスト
DMC-GF2_P1110322.jpg
東京駅起点110kmポスト
正式には1号距離標と言います。

マンホール
DMC-GF2_P1110315.jpg
トンネル内部には巡回中の係員が退避するための窪みが設置されています
ウチの会社ではマンホールって呼んでますが、こういうのは方言が結構ありそうです。
マンホール前の黄色い四角い物はベンチマークです。

レンガと煤
DMC-GF2_P1110305.jpg
トンネル側壁はレンガ積みとなっています
SL時代の名残の煤がいまだに残っています。

軌道自動自転車
DMC-GF2_P1110363.jpg
商品名はレールスクーターです。
ウチの会社ではレールスターと呼んでいます

自社開発品紹介 レールスクーター / 協栄製作所

旧深沢トンネル ワインカーヴ入口
DMC-GF2_P1110377.jpg
大日影トンネルを抜けた先のもう一つの廃線トンネルは
現在ワインカーヴとして利用されています

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1110378.jpg
案内板

DMC-GF2_P1110380.jpg
ワインカーヴ内は隣の事務所で受け付けすることで、
入口の部分だけですが見学が可能です
どうせならトロッコが引いてあればいいのに(笑)

新線トンネルも明かり区間だったので、
通過する車両を見ることができました


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/477-3ae1a109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)