上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
下工弁慶号


鶴見線に乗った後で、両国の江戸東京博物館で開催されていた
大鉄道博覧会へ行ってみました
入場ゲートを抜けて最初に出迎えてくれるのが下工弁慶号です
阿下喜駅の762mmゲージを走っていた機関車です
1907年に石川島播磨重工で製作された純国産の機関車です


双頭レール(旧新橋停車場跡出土)


以下添付の説明文引用
双頭レールとは日本の鉄道黎明期に使用されたレールの形式で、
上下の形が対称になっており、片面が磨耗した際には裏返して使用できる利点があったが、
反面安定性に欠け、開業後まもなく現在の平底レールへと変更されている。
展示品は旧新橋停車場跡より出土したもので、
表面にはイギリス・ダーリントン社で1870年に製造されたことを示す刻印がみられる。

引用終わり

展示された車両模型の中に、青ガエルがいました





説明文を読んでみたら、RM MODELSで紹介されていた
フルスクラッチのOJゲージモデルであることがわかりました
RM MODELSを読んで、一度目にしたいと思っていたので
うれしいサプライズでした。
次はこいつが動いていることをが見れないかな
2007.10.13 (Sat) 00:35 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 東急旧5000系(青ガエル) ]
[ タグ : 車両 ]
  
コメント

大鉄道博覧会・・・実は、この夏に私も行きたかったです。
下工弁慶号・・・緑色がきれいですね。リンク先を拝見しました。こちらは下工弁慶号の専用の線路だったのですね。(最初見たときに、小さな線路かな?と思っていたのです。)

東急5000系・・・あるサイトで名前が「青ガエル」ということを知り、本を借りてきていたところでした。斬新なスタイルの超軽量電車・・・そう書いてあって、これから読んでみようと思っています。
---------- sara [ 編集] URL . 10/15, 10:49 -----

>saraさん
こんばんは、大鉄道博覧会は当初行く予定ではなかったのですが
開催最終日にたまたま東京にいまして、
さらに友人と会うのに少し時間があったのでたまたま行くことができました

下工弁慶号は僕が阿下喜に行った時にはもういなかったので
今回会うことができてうれしかったです

線路が好きな私ですが、車両の中で好きなものが3つだけありまして
東急旧5000系青ガエル(+5200系湯たんぽ)と
485系ひばりと
103系カナリア色(総武緩行線)です

そのうち青ガエルは、小さい頃に母の実家へ遊びに行く時に
必ず乗っていた思い出の電車です
その後福島に引っ越したあとも、福島交通へ譲渡された5000系に乗ってました
現在は熊本でしか走っていないので、
なんとか現役のうちに乗りに行きたいと思っているのですが
なにぶん熊本は遠いのでなかなか実現できません
5000系の写真はまだたくさんあるので、
5000系に関する記事も増やせたらなと思っています♪
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 10/16, 00:19 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/47-22bc4e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。