古レールホーム上屋柱

岡山から一気に瀬戸大橋を渡り四国へ
瀬戸大橋を渡る度に緩衝桁の軌道伸縮装置を見ようと思っているのですが
毎回天候が悪くてまともな写真が撮れず
またリベンジの必要ありです。

そんな悪天候の中到着した池谷。
高徳線ホームと鳴門線ホームがVの字に並んでいて
高徳線ホームの柱は古レールで組まれています

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060697.jpg
UNION D 1890 KTK
ドイツ ウニオン 1890年製のレール 発注者は関西鉄道のようです。

※2015/07/27追記
コメントでのご教示によれば、関西鉄道ではなく、九州鉄道発注のレールのようです

201207222139492f7.jpg
CAMMEL・S STEEL W 1896 K.T.K. SEC411
イギリス チャーリーズ・キャンメル社1896年製のレール。

※2015/07/27追記
セクションナンバー471は50ポンド第10種 九州鉄道発注のようです

DMC-GF2_P1060705.jpg
こちらは鳴門線のホーム
メインの柱は木製ですが、その下部に寄り添うようにレールが支えています
これに気付いたのは列車の到着直前だったため、刻印は確認できませんでした

DMC-GF2_P1060700.jpg
跨線橋から徳島方面
4本の線路が1本に収束していきます

鳴門線 - 鳴門
DMC-GF2_P1060710.jpg
砂利盛+2種車止+制走堤

位置情報(googlemap)
  
コメント

はじめまして。
古レールに興味を持たれている方を見つけると、とても嬉しく思います。

この UNION と CAMMELL の KTK ですが、標記から九州鉄道と思われます。

断面確認すれば50ポンド10種のはずで、CAMMELL はこの断面に471の断面番号を与えています。(針金が邪魔ですが471です)

この UNION と CAMMELL の九州鉄道の組合せは、北陸鉄道鶴来でも確認しています。(UNION は1896、CAMMELL は1894でした)
---------- 古典軌条 [ 編集] URL . 07/24, 12:16 -----

>古典軌条さん
はじめまして、コメントありがとうございます

KTKについてのご教示ありがとうございました
断面形状での判別も必要なのですね
まだまだ奥が深いです
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 07/27, 22:44 -----

こんばんわ。
事後報告で誠に申し訳ございませんが、貴ブログを拙ブログにて「ブックマーク」させていただきました。
拙ブログが貴ブログのお役にどれだけ立てるか分かりませんが、何卒ご承認いただければ幸いです。

なお、名前でご察しかも知れませんが「古典軌条拓本館」は、かつての私のブログです。恥ずかしながら気負いすぎてコケてしまいましたので、削除いただければ、こちらも幸いです。
---------- 古典軌条 [ 編集] URL . 08/03, 22:57 -----

>古典軌条さん
リンクしていただいてありがとうございます
当方もリンク先の変更をさせていただきました
私もまだまだ勉強中ですが
これからもよろしくお願いいたします
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 08/11, 23:11 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/442-1349cdbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)