上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
双頭レールホーム上屋柱
DMC-GF2_P1060492.jpg
鳥取駅の南側歩いてすぐのところに、鳥取鉄道記念物公園があります
高架化前の鳥取駅を記念して、いろいろなものが展示されています

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060484.jpg
公園のかで最も存在感のあるホームとその上屋
柱は双頭レールで組まれています
柱の組み方は米子駅に残されている物と変わりないようです

DMC-GF2_P1060485.jpg
双頭レールについて解説していたと思われる看板
文字がだいぶ蒸発しているようで、残念ながら解読できず
また、確認できるような刻印も見つけられませんでした

DMC-GF2_P1060493.jpg


参考リンク
鳥取鉄道公園 / 古レールのページ

レールと継目板の展示
DMC-GF2_P1060490.jpg
各種レールの展示もしてありましたが、
こちらの看板も脱落&錆でまともに読めるものはありません
多分左から60kg、50N、50PS、40N、37kg、30kgと思われます

DMC-GF2_P1060487.jpg
一番右側の30kgレールと思われる物の刻印が読めました
(60-A S) B.S.CO STEELTON ||||||||| 1922 OH -工-
アメリカ ベスレヘム製鉄会社スチールトン1922年9月製のレールです

DMC-GF2_P1060486.jpg
線路と片開き分岐器もありましたが、
車両は置いてませんので、普通の鉄の人には物足りないかもです(笑)
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/437-65d3ce1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。