下路式転車台跡

藪の中にひっそりと残された転車台
三次から備後落合へ移動しました
無人駅だったので、乗務員さんに探索の許可をいただいて構内をうろうろ
藪の中に眠っていた転車台とご対面できました

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060309.jpg
マクラギも苔生していますが、レールは残っています

DMC-GF2_P1060304.jpg
横から全景を望むことはできませんでした

DMC-GF2_P1060303.jpg
ホームからは見事にカモフラージュされています

参考リンク
備後落合の転車台 / 趣味人Tの伝言
タイムトリップ48-三次機関区・備後落合機関区 / mr.slim の PHOTO BLOG
【駅紹介・芸備線編】備後落合駅(etc.) / LM徒然草 ~駅のある風景~
115/芸備線・備後落合駅~転車台~(゜o゜) / 西風~年がら年中真っ黒け!

DMC-GF2_P1060312.jpg
ホーム上屋が古レールで組まれていました

DMC-GF2_P1060313.jpg
CARNEGIE 1908 E T 不明
アメリカ カーネギー社 エドガー・トムソン工場 1908年製のレールです
  
コメント

いつも拝見しています!
またお値段の質問ですがトロリー線はいくらぐらいするのでしょうか?
ちなみに木のボビンに巻いてありますがあれは何メートルでしょうか?
---------- 1242 [ 編集] URL . 05/23, 13:59 -----

>1242さん
お尋ねの件ですが、当方軌道屋さんですので
電器屋さんの材料は守備範囲外です
よろしくお願いします
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 05/26, 23:19 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/428-4826d7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)