軌道遮断式踏切

写真をクリックすると遮断機が上がります

小布施構内にある構内踏切ですが、
普通の踏切とは遮断機の向きが90度ほど異なっています
実はこの奥の方に「ながでん電車の広場」があり
ゴムマットの引いてある線路は見学者用の通路となっています
手前の長野方面行の線路には電車が結構来ますが
線路と線路の間に遮断機を置くスペースが無さそうなので
苦肉の策でこんな踏切になってしまったのだと思われます

位置情報(googlemap)

Panasonic_P1140381.jpg
反対側から見るとこんな感じ
フェンスと遮断機の間が結構開いているのは気のせいですか

Panasonic_P1140378.jpg
ゴムマットの先に電車の広場があります
古い車両や古いトラス橋が保存されていますが、守備範囲外です

参考リンク
ながでん電車の広場 / レールファン長電

以下ゴムマット沿いの現役古レール

Panasonic_P1140367.jpg
H WENDEL XI 1924 60 LBS ASCE T-B ←
フランス ウェンデル社 トーマス転炉鋼 1924年11月製のレールです

Panasonic_P1140370.jpg
KRUPP 1926
ドイツ クルップ社 1926年製レールです

Panasonic_P1140373.jpg
CARNEGIE E T U S A 1922 ||||||||
アメリカ US製鋼カーネギー エドカートムソン工場 1922年8月製のレール

Panasonic_P1140369.jpg
その他線間に刻印を見ることはできませんでしたが
明らかに保存?されているレールもありました
上で紹介している以外ではテネシーとミッシュビルがあるみたいですね
2012.03.18 (Sun) 22:00 CM0. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 踏切 ]
[ タグ : 踏切レール ]
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/414-a5efaace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)