上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
ゴムタイヤ式ラック鉄道

小田原こどもの森公園わんぱくらんど内を走るSL型電気機関車「なかよし号」は
山の中の公園を走る鉄道だけあって、結構な勾配がついています
その急勾配を上り下りするため、勾配区間には真っ白で平らなラックレール(?)が引いてあります
左側に見える細めのレールは第3軌条だと思われます

Panasonic_P1200943.jpg
平らなラックレールに対してピニオンの役割をするのはゴムタイヤです

Panasonic_P1200911.jpg
ラックレールの正体は白く塗られたH鋼のようです
しかし専用のPCマクラギでしっかりと締結されています

Panasonic_P1200931.jpg
勾配区間を登るなかよし号

Panasonic_P1200910.jpg
跨線橋からラックレール区間を眺めるの巻
手前が高くて奥が低くなっています



位置情報(googlemap)

参考リンク
小田原こどもの森公園わんぱくらんど / 小田原市
へっつい型の巻 / 楽しい遊覧鉄道
「わんぱくらんど」の"へっつい"。 / 編集長敬白
小田原こどもの森公園わんぱくらんど「こども列車なかよし号」② / C'est la Saison!

Panasonic_P1200905.jpg
下にあるエントランス広場駅と上にあるわんぱく駅はそれぞれループになっていて
1つずつ分岐器が設置されています
ここで目を引くのは分岐器全体がつながっている鉄板のようなもの
軌間保持?とか考えたりしましたが、多分第3軌条の電気を流すための物みたいです

軌道遮断式踏切
Panasonic_P1200916.jpg
りんどう湖ファミリー牧場でもそうでしたが
第3軌条を使っている遊覧鉄道では、
万一の感電を防ぐために踏切が軌道遮断式になっているみたいですね



軽レール
Panasonic_P1200925.jpg
12 JISマーク OSC 2885
大阪製鐵製の12kgレール 2885はよくわからないです

参考リンク
刻印と金具 / 熊野簡易軌道【平成21年1月~22年11月】

なかよし号
Panasonic_P1200917.jpg
写真を見返してみたら、きちんと機関車を撮ってなかった(笑)
わんぱく駅に停車中のなかよし号です

Panasonic_P1200924.jpg
そしてこのなかよし号のモデルになったのが、
熱海軽便鉄道7号機関車です

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/403-758c143d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。