下路式転車台

新山口の転車台は現役バリバリなので、見ているだけで楽しくなります
動いているところは見れませんでしたが(笑)
この写真は新幹線から撮りました

DMC-GF2_P1020195.jpg
こちらは山口線の車内から

位置情報(googlemap)

こちらは新山口駅ホーム柱に使われていた古レール
75ポンド(37kg)の古レールが使用されているのは珍しいですね
DMC-GF2_P1020201.jpg
COLORADO SEC 753 |X| || 1915 OH
アメリカコロラド石油・鉄鋼会社 1915年2月製の75ポンドレールです

DMC-GF2_P1020202.jpg
75・A BSCO 工 STEELTON ||||| 1919 OH 75LBS ASCE
アメリカベスレヘム製鉄会社スチールトン 1919年5月製の75ポンドレール
工マークは内閣鉄道院発注を表しています

DMC-GF2_P1020204.jpg
37 A ○S 1962 ||||| OH
八幡製鉄1962年5月製の37キロレールです

以下新幹線の保守用車

3線軌道
DMC-GF2_P1020206.jpg
新幹線の保線基地は在来線経由での材料の運搬があるので、
3線軌道が設置されていることが多いです
外側にもう1本見えるレールは門型クレーンのレールですね
後で気づいたのですが、右上にちょっとだけキヤ141がいますね

参考リンク
東海道新幹線 - 米原保守基地
JR西日本 - 豊岡鉄道部

ダイナミック・トラック・スタビライザ
DMC-GF2_P1020205.jpg
MTTに見えるこの機械は、無理矢理日本語で言うと軌道振動締固め機と言って
MTTの施工後に緩んでいる道床バラストにレールを掴んで振動を与え、軌道を締め固める機械です
略称をDTSと呼んでいますが、西日本ではドイツ語のDynamischer Gleis Stabilisotorから
DGSと呼んでいるようです

参考リンク
JR東海のダイナミック・トラック・スタビライザ(DTS)
JR西日本のダイナミック・トラック・スタビライザ / 軌道機械のページ

軌道モータカー移動
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/389-ad805c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)