長野電鉄長野線 - 都住

位置情報(google map)

名鉄河和線 - 青山~上ゲ間
Panasonic_P1080566.jpg
位置情報(google map)

えちぜん鉄道三国芦原線 - 三国~三国港間
Panasonic_P1180582.jpg
位置情報(google map)

日本では一般的にレールの継目は左右同じ場所にあります
これを「相対式継目」と呼びますが
地方鉄道や4級線の曲線区間において、
継目位置を左右でずらして配置されることがあります
これを「相互式継目」と呼びます
上の写真では、一番手前の継目が相対式、その先の継目から相互式になっています

国鉄の資料では継目は相対式を採用することを原則とするが
曲線半径400m以下を標準として相互式を設けることができるとされています

相対式相互式それぞれの有利な点は
相対式 マクラギの数が少なくて済む、高低変位が発生しにくい
相互式 レールのふく進傾向が少ない、レールの切断加工が少ない
ということがを挙げられます
レールのふく進とは、列車の進行や温度変化、勾配区間の重力に伴うレールの移動のことを言います
切断加工については、続きで後述します

相対式相互式のわかりやい図はこちら
(リンク先 駅・・・素敵な想い)

相対式のレールの長さ調節について

曲線半径と言った場合、それは軌間中心線のことであり
狭軌(1,067mm)の場合、外軌レールの半径は+533.5mm
内軌レールの半径は-533.5mmになります
そのため、内外軌レールにおける曲線長も、外軌レールのほうが長くなります
レールの基本長は25.0mなので、これをそのまま曲線に配置すると
継目位置がずれていってしまいます。このズレを目違い量と呼びます。

曲線長に合わせてズレた分だけ内軌レールを切ってしまえば簡単なのですが
1本辺りの目違い量は数ミリですし、切断には手間も時間もかかります。
また、レールには継目ボルトを通すための穴が2つ明いているので
切断面がボルト穴に干渉しないように、
目違い量が一定の量を超えた際にレールを切断していきます。
その際、2つの穴のほぼ中間でレールを切断して、
切断前に外から2つ目だった穴を1番目として利用し、新たに内側に1つ穴を明けます
50Nレールにおいては切断長は130mm、切断後のレール長は24.87mとなります
このように加工したレールを1目切りレールと呼びます。

一例ですが、50Nレール曲線半径600mの円曲線において
円曲線長が275m(レール11本)あたり
基本長が7本、1目切りが4本の割合で使用されます
また曲線半径400mでは基本長が5本、1目切りが6本の割合になります

相対式の曲線においては、このような内外軌レール長の調節を行いますが
相互式の曲線内については、基本長のレールをそのまま使うことができます。
ただし、上の写真の一番手前左レールのように、
曲線の両端においてはレール長の調節が必要です。

ところで
この記事を参照しているYahoo!知恵袋の質問を見つけました
線路のつなぎ目についてです。
テキトーなこと書いてる人のほうがベストアンサーなんですね(笑)
  
コメント

こんにちは

相互式継目の線路の写真を初めて見ました。
感激しています。( ^ ^ )

そして、相対式のレールの長さ調節のお話しを読ませていただいて
レールを切断する時は、ボルトの穴のことも考えて加工してあったということを知り、本当に勉強になりました。
相互式の曲線内については、基本長のレールをそのまま使うことができるのですね。

こちらにお邪魔させていただくと、レールを身近に感じることができて うれしくなります。
そして、たくさんの線路の写真を拝見して、線路がこんなに力強くて優しいものなんだなって思ってしまいました。



---------- sara [ 編集] URL . 08/05, 13:31 -----

saraさんこんばんは

こんな記事で参考になりましたら幸いです
相互式の継目はJRの線路ではまずお目にかかれないと思います
相互式は曲線中の左右レールの長さの違いを考えなくていいので
初期の鉄道ではよく用いられたのではないでしょうか

僕は線路より上のものにはあまり興味がないので
これからもこんな感じでいろんな線路を紹介できればと思っています
もしよければこれからもよろしくお願いします~

ただ唯一好きな車両が、熊本でまだ走っているので
それは現役の内に見に行きたいです(笑)
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 08/05, 23:28 -----

 名鉄、名古屋本線の東部地区も曲線部を相対式で敷設していたと思います。
ジョイント音が急に気忙しなくなって、左右の床下からワンテンポずつズレながら
聞こえてくるのがちょっと楽しかったです。
 ただ、誰か鉄道施設関係の方が入門書に、路盤が好くないと相対式は却って
乗り心地の低下を招く、というコトを書かれていた気がします。どっちでしよう?

ところで、ぅぃき・コモンズに↓なページがあります。
http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Geriatriezentrum_Lainz
ウィーンの総合老人保健センターの構内には、なかなかの規模の軽便鉄道が
走っているそうですが、いつのまにかぅぃきドイツ語版に↓ページが出来ていて、
http://de.wikipedia.org/wiki/Feldbahn_Geriatriezentrum_Am_Wienerwald
http://de.wikipedia.org/wiki/Geriatriezentrum_Am_Wienerwald
ドイツ語を睨んだ結果、各診療棟や生活棟などの間を結んで資材等を運んでい
るようで、現役ではオーストリア最古の軽便線らしいです。
…もう少し詳しいことが分かれば好いんですけどね。
ただ、今までで分かっていることは
Schmallspurbahn…軽便鉄道、というより狭軌鉄道。普通に旅客営業している
            鉄道はこちらで呼ばれるらしい。
Feldbahn…直訳するとfield rail 構内の軌道など、営業の用に供されないよう
       な運搬・移動施設に過ぎないようなものはこういわれるらしい。
どーせ、年寄りになって施設のお世話になるんなら、これ位のトコロで過ごすのも
好いのかな…
---------- bad.Ⅳh-95 [ 編集] URL . 04/04, 10:53 -----

>bad.Ⅳh-95さん
名鉄河和線のカーブも相互式の継目でした
写真も撮りましたが、あまり写りが良くないので載せなかったのですが
補整してみたらなんとかなったので載せてみました
複線区間での相互式は名鉄だけかもしれませんね

路盤の話をすれば、確かにそうかもしれませんね
ただこの平成のご時世では、そこまで気を使う路盤構造はそう無いと思われます

ウィーンの老人施設の話ですが、どこかで見たことがあるなと思ったら
こちらで紹介されてました
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2007/07/post_574.html
確かに楽しい老人ホームですね
余生どころか、働きたいです
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/07, 00:45 -----

楽しい動画とぅぃきにも無い画像、ありがとうございました。
しかし、半端無い規模ですね。
Geriatriezentrumというのは、「老人医学センター」と訳せるようで、同センターのHPによると、
日本的な「老人ホーム」という言葉ではくくりきれないくらい、広範な設備の整った高齢者向けの
施設のようです。
しかし、日本で保線屋していました、なんて言って、履歴書持って行ったら、4200メートルの軌道と、恐らく数十カ所はありそうな分岐器の維持管理にこき使われたりして…。

---------- bad.Ⅳh-95 [ 編集] URL . 04/07, 17:51 -----

将来ウォルフスブルグのフォルクスワーゲン博物館には行きたいなと思っているのですが
ドイツ語は難しいですねぇ

それか、こういった老人ホームを日本で作るのも楽しいかもしれません
入居者が男性ばかりになりそうな気もしますが
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/11, 23:50 -----

 広大な敷地に入院施設や入居施設、ケアホームとかグループホーム、を分散させた、
「複合総合老人福祉センター」のようなものを考えると、敷地内の移動に、日本ではつい、
軽四輪を真っ先に思いつきそうですが、こういう軌道を使っても好いと思います。
 輸送力や道路用地の確保(自動車の走行路は意外に幅を喰います)を考えると、
検討に値するんじゃないかと。
 はやりの軽環境負荷ということなら、蓄電池というだけでなく、鉄道総研が試験中の
急速充電式ハイブリッド駆動なんかもイイかもしれないし。
● 複合的総合施設なら、入所者が男ばっかり、は無いでしょうし…
 ウィーンの、件のセンターの構内には、流石に軌道に人車を設定出来ないので、ハイ
 ブリッドのノンステップバスを使った循環バスが設定されているようです。
---------- bad.Ⅳh-95 [ 編集] URL . 04/12, 17:49 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/34-0a9c1635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)