大正14年形分岐器
弘南鉄道-大鰐03
大鰐駅ホームの端から見える分岐器が、大正14年形分岐器でした

大正14年形分岐器というのは、大正8年から14年の間に
鉄道省大臣官房研究所(現:鉄道総研)で制定された日本初の国産設計の分岐器で、
戦後Nレール用分岐器が設計されるまで標準分岐器として各所に設置されていました

現在でももちろん現役の分岐器なのですが、
本線に堂々と生き残っている例は少ないと思われます

ところで左下に見える赤い杭は用地杭?
だとしたらなぜ軌間内に?

位置情報(google map)

参考リンク
大正14年形分岐器 / 保線ウィキ

くりはら田園鉄道-細倉マインパーク前01
今は亡きくりはら田園鉄道の細倉マインパーク前に設置されていた大正14年形分岐器
2003年7月の写真です

P1000403.jpg
これはウチの会社に1台だけ残っている大正14年形分岐器
保守用車しか通りません
  
コメント

文化財的な価値がありそうな分岐器のようですねo(^-^)oワクワク
外見からは私たち素人には見分けがつかないのですが、
私たちにも見分けられる重要なポイントの解説をぜひお願いいたします。
---------- 鉄子な主婦 [ 編集] URL . 04/24, 18:49 -----

>鉄子な主婦さん
あくまで大正時代に設計された分岐器で
大正時代に設置されたわけではない点にご注意を

見分け方は、先端部のタイプレート(レール下に設置されている鉄板)の
レールブレス(外側の押さえ)がくさびではなく、
┤(左側)のようになっているのが特徴と言えば特徴かなと思います
現在使用されているものと根本的に異なる分岐器なので、
全部違うと言ってしまえば全部違うんですけどね(笑)
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/26, 23:21 -----

明快な解説をありがとうございます。
私事で恐縮ですが、
いま、東京に長期滞在しております。
帰路は東海道本線を乗り継いでゆっくり
帰ろうと思っております、その折に分岐器
など観察したいと思います。
---------- 鉄子な主婦 [ 編集] URL . 05/02, 18:13 -----

>鉄子な主婦さん
拙い説明ですがご理解いただけたようでなによりです

東海道本線乗り継ぎの旅は贅沢ですね
ゆっくり観察を楽しんでくださいね
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 05/08, 09:56 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/326-26e378ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)