上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
2種緩衝式車止

スイッチバック式の大垣駅揖斐方面ホームの終端にある
トワイライトゾ~ンMANUALにも取り上げられていた車止です
どこが緩衝式なのかぱっと見はわかりませんが、
真横から見てみるとわかります

Panasonic_P1210224.jpg
全国いろいろ見てきましたが、同じ形の物を見たことがありません
まるで昔の機関車の連結部分みたいな緩衝器ですね
これが活躍する機会が無いことが一番です

位置情報(google map)

2種車止
Panasonic_P1210220.jpg
反対側の桑名方面ホームの車止
こちらは普通の(?)車止です

古レール上屋
Panasonic_P1210222.jpg
ホームの支柱は古レールでしたが、刻印が読めるものはありませんでした
残念

鉄マクラギ
Panasonic_P1210215.jpg
まるでH鋼そのもののマクラギ
絶縁性能は大丈夫なんでしょうか

分岐器の残骸
Panasonic_P1210217.jpg
昔はもっと複雑な構内だったようです
2011.03.05 (Sat) 00:27 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 車止 ]
[ タグ : 車止狭軌(1067mm)普通分岐器 ]
  
コメント

大垣は毎月訪れていますので興味が尽きないですねェ。
ホーム上屋の古レールに鉄枕木たち・・・
鉄枕木は信越本線の旧アブト区間に数多く使われてた
と父から聞いています。
身近なこんなところに使われていたなんて気がつかず
ビックリです。
でも、ご指摘の通り絶縁が気になりますね(^^;
車止の緩衝器は見るからにいにしえの時代の連環連結器
のバッファーそのものですね。
出自を調べてみるのもまた一興でしょうね。。。

ところで、
昔、西大垣あたりから分岐して岐阜羽島方面に新線を
敷設する計画があったそうで、
途中の揖斐川、長良川は県道と併用の橋梁で計画され、
それぞれの橋梁は軌道を通せるだけの構造で建設、完成
したものの、新線自体の計画は中止になったそうです。
その県道の橋はよく通りますが、なるほど道路橋にしては
立派すぎるほどのクラシカルなレーシングで組まれた立派
で素敵なトラス鉄橋です(⌒^⌒)bうふっ
---------- 鉄子な主婦 [ 編集] URL . 03/09, 22:30 -----

>鉄子な主婦さん
お返事遅くなり申し訳ありません
大垣は乗換回数は多いものの、
構内をゆっくり見て歩いたのは今回が初めてです

鉄マクラギは、最近ですとJR貨物で結構導入されていて
分岐器丸ごと鉄マクラギなんていうのもあります
そういった汎用鉄マクラギは見慣れているのですが、
今回見たH鋼(?)ものは初めて見たので取り上げてみた次第です

岐阜の地理には明るくないのですが
大垣と羽島は結構近いんですね
言及されてる県道も地図ですぐわかりますね
またクルマで行く機会があれば渡ってみたいと思います
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 03/13, 02:21 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/319-9def6435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。