船台用レール

根室標津駅跡の転車台を見たあと、標茶行きバスまでちょっと時間があったので
潮の香りに誘われて防潮堤を乗り越えてみたら、そこには何やら謎のレールがありました
漁船を陸へ揚げるためのレールのようです。

位置情報(googlemap)

直角平面交差
Panasonic_P1170022.jpg
軌間がものすごく狭いですね
300mmくらいでしょうか

Panasonic_P1170024.jpg
横移動用の台車
2台で1組みたいですね

Panasonic_P1170023.jpg
台車で横送りされた船はサンドルで受けて保管されるようです
サンドルに使われてるマクラギはコンクリート道床になる前に
使われていたものかもしれませんね

Panasonic_P1170025.jpg
ここから船を引き揚げるみたいですが
この先は立入禁止になっていたので、水際がどうなっているのか分かりませんでした

30kgレール
Panasonic_P1170028.jpg
使われているレールは、新しそうで、でも軽そうで不思議だったのですが
刻印を見て納得
(JISマーク) 30A 2048 GODO 2005 |||||||||
2005年9月に製造された合同製鐵社製の30kgレールだそうです
2048というのはJISの許可番号だそうです

参考リンク
合同製鐵 > 製品紹介 > 軌条
【表示】(PDFファイル)
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/282-a680bc1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)