青函トンネル本州側入口

スラブ軌道には標準軌用のタイプレートが既に設置されており
スラブ版外側には新レールが仮置きされています

以下青森側から
新中小国信号場
Panasonic_P1120439.jpg

津軽今別駅 - 保守基地線分岐器
Panasonic_P1120441.jpg

スラブ軌道区間開始地点
Panasonic_P1120442.jpg

三線軌道
Panasonic_P1120479.jpg
トンネルを抜けた、北海道側の第一森越トンネル付近です
すでに3本目のレールが設置されています

トンネルの中ではまともな写真が撮れなかったので以下動画

青函トンネル - 最深部


吉岡海底駅


青函トンネル3線軌道化工事
Panasonic_P1020453.jpg
鉄道博物館企画展より
  
コメント

あぁ、青函トンネルの最深部は私も車内から見ましたが、最前部からの動画は最高です。ビデオカメラも持っていながら最前部に行けることを後から知りました(泣)。

私は竜飛海底駅・青函トンネル記念館見学コースに参加し、竜飛海底駅に降りました。なかなか見ごたえのあるものでした。

わずかな時間ですが、三線軌道も間近に見ることができました。
http://tweetphoto.com/22455912

また、以前よりなんとしても行きたいと思っていた竜飛岬にある青函トンネル慰霊碑も見学コース途中の休憩時間に地上へ出れるため訪れることができました。

現在、同トンネルは維持管理や北海道新幹線の問題というかいろいろ議論が交わされているようですが、慰霊碑を目の前にするとトンネルを通過する際も襟を正したくなります。
---------- golgodenka [ 編集] URL . 05/15, 11:39 -----

>golgodenkaさん
実は5月からJR北海道の先頭部は立入禁止になってしまいました
(最後部はまだ大丈夫です)
この動画は4月30日。最後の日に撮ることができました

竜飛海底駅と斜坑ケーブルは10年以上前に降りたことがあるのですが
その時はカメラを持っておらず、写真が1枚もありません
今回も都合が合わなかったのですが
また見学ができるうちに再訪したいとは思っています

---------- oomatipalk [ 編集] URL . 05/16, 23:48 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/260-c614272b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)