上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
三枝分岐器


秋の鉄道記念日に合わせて
ウチの会社でも小さなイベントを企画しているのですが
いろいろ参考になるかと思って
大宮総合車両センターの鉄道ふれあいフェアに行ってみました。

帰り道にニューシャトルで大宮へ戻る直前
進行方向左側の窓から眼下に見えるは三枝分岐器
ニューシャトルを降りて、
ホームの向かいにある駐輪場から改めて確認できました


位置情報(google map)


ダブルスリップスイッチ(DSS)


同じ駐輪場から
三枝分岐のその先はDSSでした
上の方の網(柵)は何なのでしょう?

位置情報(google map)
  
コメント

こんばんは
すみません、コメントしてもよろしいですか?
昨夜、本とこちらのお写真を拝見していて、三枝分岐器がわかりました。
本と全く同じで、「ああ、こちらが三枝分岐器なのだ・・。」と思うと嬉しくなりました。
だけど、まだ自分が撮ってきた分岐器の写真が、方開きなのか両開きなのかがわからないのですよ。o(*^^*)o
いつかブログを再開できる日まで、ゆっくり考えてみますね。

先ほどは 温かいコメントをありがとうございました。いつかきっと・・「駅」を再開できるように頑張りたいと思います。
私は・・・祖父が亡くなるその時まで愛した線路が・・・大好きです。
---------- sara [ 編集] URL . 10/20, 21:21 -----

>saraさん
いつでもどこでもコメントをいただけるのはうれしいですよ
三枝分岐に関して、ご理解いただけたようでよかったです♪

saraさんが疑問の分岐器も、
私が見てしまえば一発で答えが出るのでしょうけれど
それはきっと違うんでしょうね
いろんなヒントの結果
saraさんがご自分で納得して答えを出すことが重要なんだなと
そう思っています

ちなみに、片開と両開の違いですが
この記事の一番上の三枝分岐を使って説明します
三枝分岐の線路を記号で表すと
 A
BCD
となります。
ここから1本ずつ線路を無くせば、片開と両開の普通分岐器になります

 A
BC ←右片開分岐器

 A
 CD ←左片開分岐器

 A
B D ←両開分岐器

上記の左右ですが、分岐器では先端から後端を見て左右としています
記号で言うと、AからCを見た方向です
(一般の線路では、起点から終点方向を見て左右としています)

片開分岐器は分岐しない方の線路が直線のもの
両開分岐器は同じ割合で左右の線路が分岐しているものです
左右の線路が異なる割合で分岐するものは、振分分岐器と呼びます
9:1や3:2などが多いですが、両開分岐も5:5の振分分岐の一種です

復活の有無に関わらず、疑問質問などはいつでも歓迎です
また遊びに来てくださいね
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 10/21, 01:12 -----

こんばんは
またコメントしてしまってすみません。
丁寧に説明していただいてありがとうございました。
今、写真を拝見しながらお返事を読ませていただいて、やっとわかりました。
本には絵しか載っていなくて、全部が同じに見えていたのです。
どこがどう違うのか、恥ずかしながら違いがわからなかったのです。
三枝分岐も分けてしまうと普通分岐器になるのですね。
今日はちょっと体調がよくないので、後日、自分が撮ってきた写真を見て調べてみます。
方開は分岐しない方の線路が直線のもの・・・やっと理解できました。
また一つ線路に近くなれたようで・・今、とても嬉しいです。
本当にありがとうございました。m(_ _)m
---------- sara [ 編集] URL . 10/21, 19:52 -----

>saraさん
また難しい説明になってしまいましたが、
ご理解いただけたようで何よりです
また私の拙い説明よりも、画像を使って丁寧に説明がしてあるHPもあります
http://www.lares.dti.ne.jp/~oshima/rail/
↑一番わかりやすい説明がしてあるHPだと思います

当ブログのリンク先にも詳しいページがありますので
またお時間のあるときにでも巡回されてみてもいいかと思います

それから漢字の指摘で大変申し訳ないのですが
「方」開ではなく、「片」開分岐器になります

季節の変わり目で気温もぐっと下がってきましたね
体調いかがでしょうか
くれぐれもご自愛ください
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 10/22, 00:33 -----

何度もコメントしてしまってすみません・・・。
漢字の間違いを指摘をしていただいてありがとうございました。

そして、リンク先を拝見させていただきました。とても勉強になりました。
図書館や書店には、線路のことを詳しく書いてある本が無いので
情報を教えていただけることに感謝しております。

今日から活動開始・・そう思っていたのですが、ちょっと無理でした。
明日からは頑張れそうです。( ^ ^ )

---------- sara [ 編集] URL . 10/22, 09:55 -----

>saraさん
いえいえ、何度もコメントありがとうございます
確かに、本はなかなか無いんですよね
私も机上での勉強はJRの教本と
国鉄時代からの各種資料を大先輩からお借りしてやっています
それ以上に現場の勉強も大切なんですけどね

まずは体が資本ですから、無理はなさらないでくださいね
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 10/23, 00:44 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/26-c0d0c6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。