上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
転車台転用跨線橋

直方駅の南側にある神社と、直方市石炭記念館へ行くための跨線橋です
下路式転車台の主桁が、そのままスルーガーダー橋として再利用されています

位置情報(googlemap)

参考リンク
転車台転用の多賀第3こ線人道橋 / 九州ヘリテージ

Panasonic_P1140024.jpg
橋を下からのぞいてみました
横幅は広げられているようですね

Panasonic_P1140026.jpg
上に登ってみれば、なんてことない普通の橋です

Panasonic_P1140050.jpg
朝早かったので、逆光との戦いでした(笑)

直方市石炭記念館
Panasonic_P1140036.jpg
練習坑道と圧縮空気式機関車

Panasonic_P1140040.jpg
電気機関車とナベトロ?

Panasonic_P1140032.jpg
よくわからない機械と適当にちょん切られた線路

Panasonic_P1140035.jpg
大之浦炭鉱で昭和52年2月まで使われた人車だそうです
実際はもっと勾配のある場所で走っていたんでしょうね

上路式転車台
Panasonic_P1140016.jpg
直方駅北側にあるこちらは現役(?)の転車台です

位置情報(googlemap)
  
コメント

最後の写真こそまさにお伝えしたかった転車台です。しかも再利用の跨線橋まで訪問済みとは恐れ入りました。

私もこの跨線橋と転車台は二年前に現地調査しました。

かつて SL と共に青春を過ごした方にとっては直方駅脇にあった直方機関区は聖地のひとつだったようで、そこには転車台と扇形の機関庫もありました。残念ながらご存知だと思いますがそれは撤去済みです。

直方を離れ東京で暮らす身としては涙が出そうな写真ばかりですが、筑豊地方だと転車台はこの他に存じあげません。

この二箇所をご存知となれば他に紹介できるネタが思い浮かばないのが心苦しいです。洞察力と行動力は私なんぞ足元にも及びません。

わざわざ直方ネタをご紹介頂きありがとうございました。明日への活力となりました。
---------- golgodenka [ 編集] URL . 04/22, 00:05 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集] . 04/22, 22:28 -----

>golgodenkaさん
昨年の秋に訪れていたのですが、記事にしそびれていました
ちょうど話題に出たので、いい機会になりました(笑)

あと九州で行ってない転車台は大分、早岐、宮地、人吉でしょうか
大きな車止標識も探索目標です

>匿名さま
たぶんお近くだろうなと思っていたので、コメントいただけて良かったです
また都合が良かったら見に行ってみてくださいね♪
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/23, 23:49 -----

直方の転車台は現役ですよー。
時々直方所属のキハ47の向きが変わっていることからもわかります。
---------- 北原東口 [ 編集] URL . 04/24, 19:58 -----

>北原東口さん
はじめまして、コメントありがとうございます
直方は現役なんですね~
情報もありがとうございます
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/25, 23:55 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/257-d2cc99da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。