岩村から山道を一気に南下して、浜松までやって来ました
遠鉄の西鹿島駅のちょっと南側を歩いていると、突如線路が出てきました
これはいったい何でしょう?

位置情報(googlemap)

参考リンク
鉄道・不思議発見!!PART7 28 埋もれた謎の線路 / 川柳五七の新電車のページ
東海撮影行 その42 / 姉崎機関区

Panasonic_P1160164.jpg
線路は駐車場の奥の方へ続いています

Panasonic_P1160165.jpg
分岐した右のレールは遠鉄の線路下の擁壁で行き止まり
左のレールは、お家の下です

Panasonic_P1160170.jpg
家の下をくぐりぬけた左側のレールは
黒い車の手前で再び分岐します

Panasonic_P1160173.jpg
別れたレールは赤い車の手前で再び戻ります
行き違いの設備かな?

Panasonic_P1160176.jpg
1本になったレールは、駐車場の端っこをまっすぐ進みます

Panasonic_P1160177.jpg
終点の手前で、直角クロス?転車台?の跡がありました

Panasonic_P1160181.jpg
直角クロス右側のレール跡
奥の建物辺りにはレールが残っていました

結局、何の線路なのかは謎のままでした
軌間は、10cmちょっとの私の携帯電話7.5個分ほどでしたので、たぶん762mmです
こういう駐車場もいいよなぁ(笑)
2010.04.16 (Fri) 23:05 CM3. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 街角軌道 ]
[ タグ : 街角軌道ナローゲージ(762mm) ]
  
コメント

微力ながら調べさせて頂きました。

その結果、レイルマガジン 119 号にて少しだけ紹介されていると書かれたページを発見しました。

http://keitandan.web.fc2.com/22nishikajima20091008.html

かつて駐車場付近にあった製材所への引込線だったようです。

私が所有する『トワイライトゾ~ン MEMORIES 1』にそのレイルマガジンの記事が収録されていまして、付近の住人からの聞き取りの結果として上述のページの記載内容が紹介されていました。

以上ご参考にならないご参考まで。
---------- golgodenka [ 編集] URL . 04/16, 23:24 -----

 西鹿島駅の脇、製材所跡でもおかしくないですねぇ。
 国鉄時代、遠江二俣機関区にC58がいた頃、二俣線の貨物は天竜川沿いから
伐り出された材木もかなり運んでいたはずですから。遠江二俣駅周辺にもまだまだ
製材所は残っていますが。
 貨物が廃止された直後くらいの二俣線の西鹿島駅はもう少し側線とかありまし
たが今は…、ですねぇ。
---------- bad.Ⅳh-95 [ 編集] URL . 04/17, 16:27 -----

>golgodenkaさん
>bad.Ⅳh-95さん

情報ありがとうございます
トワイライトゾ~ン MEMORIES 1は私も持ってますので
見直してみたところ、ちゃんと載ってました
気にしてる人は気にしてるんですね(笑)

どうやら製材所と西鹿島駅貨物ホームとを結ぶ
手押しトロッコ用の軌道だったようですね
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/17, 22:57 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/256-5dfd36a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)