双頭レール

明治村に展示されていた蒸気動車が、JR東海の博物館へ移送されるニュースを見た際に
車両じゃなくってレールを見てたら、なんだか双頭っぽかったのです
気になって仕方なくって、来てみたらやっぱり双頭レールでした
我ながら変なアンテナがあるものです(笑)

位置情報(googlemap)

Panasonic_P1160035.jpg
双頭レールの継目板。段違いの異型になってますが
レール頭面も合わせて段違いになっているので、あんまり意味が無いと思います

鉄道局新橋工場
Panasonic_P1160042.jpg
鉄道局新橋工場の5、6号御料車が乗っているレールも双頭レールです
レールとレールの間にある案内板には、
DARLINGTON IRON C0. LIMTD. 75 I.R.J.
の刻印があるとされていますが、刻印部分を見つけることはできませんでした

位置情報(googlemap)

六郷川鉄橋
Panasonic_P1160056.jpg
日本最初の複線用鉄橋である橋梁の上にも、双頭レールが敷設されています
双頭レールが屋外で敷設されているのって、非常に珍しいのではないかなと思います
継目板の向こう、機関車が乗っている部分は30kgレールになっています

位置情報(googlemap)

Panasonic_P1160060.jpg
橋の横にあるレールの案内板

Panasonic_P1160071.jpg
30kgレールの方にはCAMMEL SHEFFILDの刻印が見えます
また、犬クギが昔の本当に犬に見えるタイプですね
2010.03.31 (Wed) 23:54 CM7. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 レール ]
[ タグ : レール遊覧鉄道 ]
  
コメント

さすがです。私は 2008 年にここを訪れました。ただ、東京へ戻る新幹線が名古屋で夜遅くに停まってしまったため、次の日を急遽仕事を休んでさくっと見に行ったので、あまり時間もなく双頭レールには気づいていましたが、刻印の写真までは撮っていませんでした。

ここで見させて頂けるとは。ありがとうございます。

当時は蒸気動車ももちろんありましたので、あのコンクリートの覆いも撤去されている光景はちょっと斬新ですね。

個人的には六郷鉄橋や鉄道寮新橋工場・機械館の鋳鉄柱等見どころも多いスポットだと思っています。

また、犬山ならではの古レールとして、以前よりチェックしていて外せないと思っていた『彩雲橋』を見ることもでき、ご満悦でした。
http://gnr-blog.spaces.live.com/blog/cns!60EE88759ADE7CD3!2427.entry

双頭レールの屋外展示例としては旧新橋停車場跡にもありますが、確かに珍しいと思います。
---------- golgodenka [ 編集] URL . 04/01, 00:55 -----

 今回の追加内容からも名鉄の本気度が伝わってきますね。
 ターンテーブルと撒叉の組み合わせ、私が最初に意識したのは機芸出版社の
「ナロゲージモデリング」に載っていた問寒別町営軌道の記事からです。
 あちらも狭い用地で機関庫廻りの線路を敷かないとならないので、ターンテーブルを
使っていたようです。
 あと、ぅぃきコモンズで調べると、独逸へんの機関庫でも撒叉を組み合わせて細かく
庫内線を確保しているような画像がありますね。
---------- bad.Ⅳh-95 [ 編集] URL . 04/02, 17:22 -----

>golgodenkaさん
蒸気動車の入っていたコンクリートの覆いは残っています
中のレールは取り払われて、ベンチが置かれて休憩スペースとなっています
おじさまおばさま方がいらっしゃったので、わざとフレームから外してます(笑)

屋外の双頭レールは新橋にもありましたね
あのレールは刻印読めるのでしょうか?

>bad.Ⅳh-95さん
分岐器兼転車台は、用地的な理由でしょうね
また、トング部分の管理がいらないというのも一つの理由かもしれませんね
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/03, 00:39 -----
古典レールと犬釘
コメントが送れました。
明治村と言えば動態保存の蒸気機関車が走っているレールも古典的なレールだと聞いたことがあります。北陸方面で使われていたらしいのですが、詳細が思い出せません。
犬型の「犬くぎ」は大阪市交通局では現役です。ほとんどコンクリート枕木になりましたから車庫内くらいでしか見ることができません。
かつてメーカーの帝国製鋲で聞いたところ、イギリスでは「犬型の釘」、アメリカでは「亀型の釘」と聞きました。日本と米英との関係から見てどこかで「亀釘」になったのでしょうね。
「犬釘」は文鎮に最高です。
---------- Yukawa [ 編集] URL . 04/08, 15:52 -----

>Yukawaさん
蒸気機関車のレールはあまり近くまで近づけず
刻印も確認できませんでした。
継目板などを見た感じだとたぶん30kgレールなので、
古いものも混じっているかもしれませんね

犬クギにイギリス型とアメリカ型があるとは初耳でした
現在の犬クギはどちらかといえばカメに似てるかもしれませんね(笑)
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/09, 23:33 -----

フレームアウトの理由は全くもって納得しました(笑)。

旧新橋駅の双頭レールの刻印は読めます。メモし忘れたので写真から確認すると DARLINGTON でした。

写真自体はうまく撮れてないですが、ご笑覧ください。
http://tweetphoto.com/17756049
---------- golgodenka [ 編集] URL . 04/09, 23:48 -----

>golgodenkaさん
なかなか刻印の読める双頭レールは珍しいですよね
新橋のは見えそうですね、私もまた東京へ行った際に行ってみようと思います
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/11, 01:06 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/252-0275cccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)