側線複分岐器

googlemapを眺めるのが好きなのです
ふと見つけた線路をずっと追って行くのが好きなのです
地図上で線路がごちゃごちゃ絡んでいるところを見つけて
もしや特殊分岐器が設置されているのかも、なんて
航空写真に切り替えて、がっかりするのも好きです

そんな中で見つけた修学院
地図でも航空写真で見ても三枝か複分岐器みたいな感じがして
百聞は一見にしかずということで、行ってみたらビンゴでした

とはいえ外の道路からはうまく確認できなかったので
帰りの電車の後ろから連写モードでなんとか撮ることができました

分岐器通過前は一旦停止して、開通方向を確認しましょう

位置情報(googlemap)

叡山電鉄叡山本線 - 八瀬比叡山口
P1020678.jpg
終点手前のシーサスクロッシングです。
クロッシング部が全て組立になっているのは珍しいと思います
バックゲージ確保のためにゲージストラット(突っ張り棒)が設置されていますね

位置情報(googlemap)
  
コメント

 トコロで、ダルマさんこと重錘式転換器は定位側に転換されている時、
重錘の黒塗り部が下になる、「dirt shows to dirt」のが原則ですけど、
そうすると、この車庫では、直線側が反位、なんですかね?
●余談ですが
ttp://jp.youtube.com/watch?v=BlMy_aBpIhM
金谷~藤枝の160キロ試験の映像が君管にありました。
感激モノかも…
---------- bad.Ⅳh-95 [ 編集] URL . 01/31, 19:54 -----

>bad.Ⅳh-95さん
曲線側が定位の分岐器もあると思いますよ
動画は貴重なものですね
この時代の金谷の配線も見られたら最高でしたが
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 02/02, 00:43 -----
定位と反位
 静岡鉄道駿遠線、というか中遠線の遠江横須賀駅構内の古い
写真では用地の苦しさからか、殆どの分岐器で曲線側を定位とし
て使っているようでしたから、そうすると、よくある使い方かも知れ
ないですね。
>160キロ試験
 試験列車は大井川橋梁のギリの処から発車していましたね。
金谷の中線に待機していて出掛けていったとばかり思っていま
したから。おまけに新橋梁への切り替え前だったし…、六合のあ
たりは田んぼばっかしだし。
>金谷駅
 金谷駅については、そのまた前、茶色のEH10形とナハ10系
客車の高速試験時の写真から見る限り、今の構内配線と大きく違
っていないと思います。
 大井川鉄道線との連絡用分岐が一部撤去されたり、牧ノ原トン
ネル旧下り線を上り線に転用し、下り線用に新トンネルが掘削され
て、浜松寄りの配線が少し南にズレた以外、極端な変化はないと
思います。
 細かく言うと、改札口脇にホームを切り欠いて渡線車が設置して
あったのが無くなっている位ですが…
>そういえば
 鉄P誌のスイッチバック特集で菊川側、新幹線を跨ぐあたりに友田
の信号所があった、と知ってから、どうしてもその名残の築堤を気に
してしまいます。
---------- bad.Ⅳh-95 [ 編集] URL . 02/02, 20:18 -----

>bad.Ⅳh-95さん
とりあえず曲線定位の分岐器は珍しいでしょうね
また他にあれば探してみたいと思います

金谷もそうですが、島田のDSSも見えなかったのが残念です
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 02/04, 00:44 -----
半世紀前ですし…
>島田のDSS
 ただ、島田駅の海側、東海パルプの側線群が160キロ試験時に
写っていないので、もしかすると、この時期、DSSが設置されていな
い可能性もありますね。
 よく見てたら、藤枝駅の下り方の渡り線が、上り線側の分岐を挿入
しない半端な形になっていましたし。
 んでも、160キロからのブレーキングで藤枝駅の上り場内信号の少
し手前あたりから減速して、ホーム上り終端付近で停車できるとは、
20系電車、侮れません。
---------- bad.Ⅳh-95 [ 編集] URL . 02/04, 22:45 -----

横から失礼します
ここの車庫線では、定位反位は誰も気にしていません
ですので出庫・入換する車両のために切り替えたら基本そのままで放置です
---------- 無記名 [ 編集] URL . 03/13, 16:59 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/161-3b6af763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)