前の記事の続き

駅がターンテーブル
Panasonic_P1060748.jpg
スイス鉄道の電車は、運転台が片方にしかありません
そのため、駅では方向転換をする必要があるんですが
丘の上にある牧場駅は、なんと駅全体がターンテーブルになっています
ホームが見えますが、ホームごと回ってしまいます

Panasonic_P1060652.jpg
終点から下り方向を見てみました
ホームも一体化しているのがわかりますか

回転する牧場駅


第3種甲車止
Panasonic_P1060655.jpg
普通鉄道では、車庫線及びこれに類似する線路の終端に設置される車止です

位置情報(googlemap)


湖畔駅
Panasonic_P1060684.jpg
かたや丘の下の湖畔駅では、
電車がラケット型のループ線をぐるっと回って方向転換します
ちなみに電車は湖畔駅→牧場駅と乗った方が、ループ線と転車台の両方に乗れますよ

ホルンの森駅車庫
Panasonic_P1060679.jpg
中間にあるホルンの森駅の裏にある車庫です
ホルンの森駅では降車のみ可能です

レールと継目とボンド
Panasonic_P1060640.jpg
軌間762mm、レールは6kgか9kgかちょっと確認できませんでした
自動踏切が設置されているためか、継目にはレールボンドが設置されていますね
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/148-833b97e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)