異種軌間踏切


桑名駅の南側にある踏切です
左から近鉄(軌間1,435mm)、JR東海(軌間1,067mm)、三岐鉄道(軌間762mm)
という軌間の異なる3種類の線路が並んでいます
架線柱とビームでわかりづらいですが、
写真中央の自転車がいるところが踏切です
さらに南側にある陸橋から望むことができました。

位置情報(googlemap)

Panasonic_P1030141143.jpg

踏切は一直線ですが、遮断機は近鉄側とJR/三岐鉄道側の2つに別れています
そしてそれぞれの踏切にはそれぞれの名前がつけられています

Panasonic_P1030145-2.jpg

三岐鉄道側から踏切を見てみました
ちょうどアーバンライナーが通過した直後ですね
踏切幅員は1.5mほどでしょうか、自動車は進入禁止です

Panasonic_P1030140.jpg

こちらは近鉄側から見た風景です
  
コメント

続けてコメントしてすみません。
遮断機は近鉄側とJR/三岐鉄道側の2つに別れていて それぞれに名前がついているということは・・・この遮断機の管理もそれぞれ違う・・・ということになるのでしょうか。(変な質問しているかも・・ちょっと不安です。)
---------- sara [ 編集] URL . 04/22, 14:28 -----

>saraさん
そうですね、管理はそれぞれの会社でやっていると思います
遮断機が2つに分かれているので、近鉄の電車だけが来る時は
JRの警報機は鳴りません

ウチの会社でも並行する別の会社線と共同使用の踏切がありますが
例えば敷板が悪くなって補修する場合もそれぞれの会社でやっていますよ
---------- oomatipalk [ 編集] URL . 04/24, 00:26 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/tb.php/103-de45f11f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)