DMC-GM1_P1340500_2018-06-09.jpg
十分站東側の線路では、願い事を書いたランタンを飛ばすアクティビティが人気です

DMC-GM1_P1340501_2018-06-09.jpg
列車は1時間に1本なので、その間は線路に人も犬もあふれています

DMC-GM1_P1340499_2018-06-09.jpg
駅構内も割とフリーダムです
係員の方がいるのは列車の時間が近いためで、来ない時間帯はいません

DMC-GM1_P1340502_2018-06-09.jpg
直線だけどなぜか相互式継目
歩きやすいようにバラストが盛られていますね

DMC-GM1_P1340504_2018-06-09.jpg
もちろん、原則として線路に入ってはいけないことになっています(笑)





DMC-GM1_P1340531_2018-06-09.jpg
愛すべきヘロヘロのナローゲージ(510mm)
平渓線十分駅から線路沿いの商店街を抜け
山道を登ること約30分、やっと線路にたどり着きました

DMC-GM1_P1340538_2018-06-09.jpg
まぁ上の写真は思いっきり望遠で撮ったので結構な圧縮具合です
実際に見た目はこんな感じです

DMC-GM1_P1340545_2018-06-09.jpg
線路を歩いていると、突然の物音
独眼小僧というニックネームの機関車です
急いで追いかけて乗せてもらいました



参考リンク
新平渓煤鉱博物館區

位置情報(google map)

石底大斜坑
DMC-GM1_P1340478_2018-06-09.jpg
DMC-GM1_P1340476_2018-06-09.jpg
 台陽鉱業公司は1918年に書く行動を開発し深く掘り下げていきましたが、坑内の人力輸送が非効率的で利益を上げにくくなったことから、状況の改善を迫られました。1937年、ここに「石底大斜坑」を開設し、各坑道が連結されました。二年をかけて完成させたもので、まず石底二坑がつながり、続いて一坑、三坑と五坑が連結されました。各坑の石炭が集積され、石炭の洗浄場と連結する石底大斜坑から運び出せるようにし、炭坑からの運搬システムを改善しました。輸送と人力の効率化によって、単一の坑道口から運搬される炭坑としては、台湾最大のものになりました。
 石底大斜坑は海抜254mのところにあり、総延長は5km、幅は1.5km、深さは1km、傾斜は15度で900mの連絡通路が地面から地底へと延びていることから、この名がつけられました。坑道はよく整備されており、古い坑道は換気できるように工夫されていました。台陽鉱業公司は大斜坑を石炭業の拠点とし、労働者は1000人以上に達しました。大規模季節や建築物が建設されたほか、石炭業事務が統括され、石底石炭の規範も定まり、台湾で最大規模の炭坑となったのです。


位置情報(google map)

DMC-GM1_P1340485_2018-06-09.jpg
復元軌道と当時(?)の軌道

DMC-GM1_P1340488_2018-06-09.jpg
巻上機の跡でしょうか

DMC-GM1_P1340487_2018-06-09.jpg
古レールの切株

DMC-GM1_P1340471_2018-06-09.jpg
軌間は実測で485mm(≒19インチ)でした
DMC-GM1_P1340468_2018-06-09.jpg
軌間内のレンガは当時からとすると、トングレールのスペースがなさそうな気がします

2019.02.07 (Thu) 21:33 CM2. TB0.
[ 分類 : 旅客運輸事業外鉄道 ]
[ タグ : 特殊狭軌(610mm以下)事業外鉄道車両 ]
右片開分岐器(パンドロール締結)
DMC-GM1_P1340418_2018-06-09.jpg

DMC-GM1_P1340428_2018-06-09.jpg
台北から平渓線の終点である菁桐へやってきました
ホームは1面だけですが線路は2本
終点方の分岐器で1つになります
パンドロールの分岐器は締結管理しなくていいから楽そうですね
逆にネジクギの抜けが心配ですが(笑)

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1340426_2018-06-09.jpg
羽付きの転轍機には鍵が掛かっていました

DMC-GM1_P1340420_2018-06-09.jpg
平渓線終点の2種車止

DMC-GM1_P1340434_2018-06-09.jpg
線路脇の柵は古レールでできていました

DMC-GM1_P1340457_2018-06-09.jpg
SL時代の給水塔ですね

2019.02.05 (Tue) 23:03 CM0. TB0.
[ 分類 : 普通鉄道 普通分岐器 ]