メーターゲージトロッコ軌道

琵琶湖から唯一流れ出る瀬田川には、流量をコントロールするための堰が設置されています
普段の堰の動作は電動で行われていますが、
堰の修理や整備時に仮設の堰を運搬するために軌道が設置されています
この軌道が日本国内では大変珍しい軌間1,000mm(実測1,010mm)のメーターゲージとなっています

位置情報(googlemap)

参考リンク
瀬田川洗堰 / 国土交通省近畿地方整備局
水のめぐみ館「アクア琵琶」

DMC-GF2_P1120232.jpg
西岸側終端には車止めが設置されています

DMC-GF2_P1120234.jpg
堰に沿って道路があり、線路を確認する事ができます

DMC-GF2_P1120236.jpg
東岸側で線路はカーブして

DMC-GF2_P1120240.jpg
車庫へと繋がっています

DMC-GF2_P1120228.jpg
堰の全景

洗堰[あらいぜき] fixed dam
取水や水量調整のために水面を塞ぎ上げ、一定水位以上の水は放流する施設で、放流量を調節するための可動装置が備えられていない河川構造物。古くは竹、木、石材で築造したものがほとんどで、堰高も低位であったが、コンクリートを材料とするようになってから堰高が高くなり、現在では堰高10m以下のものを言うようになった。ただし、信濃川大河津分水洗堰、淀川の南郷洗堰のように固有名詞化したものの中には、可動装置を有したものもある

土木用語大辞典より

DMC-GF2_P1120251.jpg
洗堰に隣接する、アクア琵琶で展示されていた模型

以下南郷洗堰

複分岐器

ツイッターで、仏生山工場の中に複分岐器があるという情報をいただきまして、やってきました
高松築港行きホームの本線の反対側から身を乗り出すと、複分岐器が確認できました

DMC-GM1_P1080557.jpg
望遠で拡大、肉眼ではちょっと厳しい距離かもしれません

DMC-GM1_P1080567.jpg
構内踏切からも見ることができました

位置情報(googlemap)

以下マクラギと古レール

2015.07.13 (Mon) 23:14 CM2. TB0.
[ 分類 : 普通鉄道 複分岐器 ]
[ タグ : 複分岐標準軌(1435mm)レール ]
三枝分岐器
都道府県 事業者 駅・施設名 軌間 備考
埼玉 JR東日本 大宮駅 1067mm  
東京 東京メトロ 千住検車区 1067mm  
神奈川 東急電鉄 新丸子保線基地 1067mm  
神奈川 東京メトロ 鷺沼車両基地 1067mm 構内に3台設置
神奈川 東急電鉄 長津田車両工場 1067mm  
神奈川 相模鉄道 かしわ台車両センター 1067mm 航空写真
愛知 名古屋鉄道 犬山検車場 1067mm  
大阪 南海電鉄 住江検車区 1067mm 構内に2台設置 航空写真 その2




2015.07.13 (Mon) 23:10 CM8. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 三枝分岐器 ]
[ タグ : 三枝分岐複分岐 ]
1500形緩衝桁軌道伸縮装置
DMC-GM1_P1080520.jpg
吊橋構造の瀬戸大橋では、列車の走行に伴って桁や軌道に大きな変位が生じてしまうため
特殊な伸縮装置を用いて変位を吸収し、列車を安全に運行させています
±750mm伸縮可能なことから1500型という名前が付いたそうです
内容については鉄道総研の資料が詳しいのでご覧いただければと思います

鉄道吊橋と緩衝桁軌道伸縮装置(PDF) / RRR2008.10鉄道総合研究所
WORKS / 峰製作所

DMC-GM1_P1080531.jpg
少し引きの写真


もう少し引きの写真
伸縮装置の場所は基本橋脚の場所なので、晴れていても暗かったです
そのためなかなか写真を撮ろうと思っても理想通りの写真が撮れず、
最初に挑戦してから7年、4度目でやっと満足できる写真が撮れました(笑)

参考リンク
横から見た伸縮装置 / @yu8910