その1 おばあちゃんと柴

とある冬、初雪が結構積もった次の次の日
本社を通じて沿線の方から電話がありました
内容は、跨線橋から線路際に倒れている犬が見えるが、
自分の家のものかも知れないので確認してもらえないかと

僕と2年目の社員の2人で待ち合わせの跨線橋へ
電話の相手は男性でしたが、待ち合わせの場所に来たのは
その相手らしき男性と小柄なおばあちゃん
犬の飼い主はおばあちゃんで、男性は心配で手伝ってくれていた近所の方でした

列車の間合い待ちの間に、おばあちゃんとお話をしました
いなくなった犬は1歳になったばかりの柴犬だということ
ずっと室内で飼っていたのだけど、2日前の大雪の日に、
真っ白い外の風景に驚いて飛び出して行ってしまったこと
近所中からかわいがられていて、みんなで探してくれていたこと

「私がお勝手の戸を開けっ放しにしていたのが悪かったんだ」
という事を何度となくつぶやいていました

足場の悪い線路際におばあちゃんを連れて行くことは危ないので
僕らでワンちゃんの確認をする事に
おばあちゃんに聞いた特徴は、ピンク色の首輪

倒れている場所まで、できればピンクの首輪じゃありませんように
おばあちゃんに、違いましたよと報告できればいいのにと思いながら歩きましたが
すでに冷たくなった小柄な柴犬には、ピンク色の首輪が巻かれていました

一度おばあちゃんの所へ戻って、非常に残念な報告をしたところ
せめてこれでくるんでやって欲しいと、お気に入りだったという毛布を渡されました

毛布に包まれて、おばあちゃんの所へやっと帰ってきた柴
「ごめんねぇ、ごめんねぇ」
おばあちゃんは柴に小さな声をかけてあげると
僕たちに対して
「家族を帰してくれて、本当にありがとうございました」
とお礼を残して、一緒に帰っていきました


2015.04.20 (Mon) 23:43 CM2. TB0.
[ 分類 : 保線の仕事 ]
鉄道道路共用トンネル

羽越本線五十川(いらがわ)駅の鶴岡方東側にあるトンネルは複線断面ながら
新潟方面行きの列車だけが単線で通り、
空いたスペースに1車線分ですが道路が設置されています

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1000868.jpg
現役で鉄道と道路が同じ断面を共有しているトンネルは日本ではここだけしかないかと思われます
廃止区間では、田浦の連続平面直角交差の奥に併用軌道のトンネル区間がありました
参考リンク
線路巡礼1993:田浦専用線 / 線路巡礼♪

DMC-GM1_P1000872.jpg
反対側から

DMC-GM1_P1000870.jpg
道路部分。すれ違いは無理そうです
鉄骨は古レールではありませんでした(笑)

DMC-GM1_P1000871.jpg
列車待避用のマンホール

DMC-GM1_P1000865.jpg
銘板の内容
五十川トンネル(竣工時は「新」がなかったようです)
形式 複線交流型
延長 55M00
設計 信濃川工事局
施工 株式会社間組
着手 昭和48年12月
竣工 昭和50年7月

4線式トラバーサー

塩浜では標準軌の近鉄線車両だけではなく、狭軌の養老鉄道の車両の検査も行われています
いつも参考にさせていただいている「趣味人Tの伝言」さんで塩浜の工場に4線式トラバーサーがあることを知り
春の一般公開を狙って来てみました
お目当てのトラバーサーはというと、今回は屋台とゆるキャラのイベントコーナーとなっていて
隅に追いやられていました
まぁなんとか写真だけは撮れたので良しとします

位置情報(google map)

第3検修場
DMC-GM1_P1070922.jpg
DMC-GM1_P1070924.jpg
第3検修場とその隣は3線軌道となっていました、
奥のテントは背が低いので、台車だけを仮置きさせておく用の線路なのでしょうか

DMC-GM1_P1070927.jpg
台車仮置き線(?)のレールは50PSでした。
刻印はかすれてよく見えませんでしたが、継目板でわかります(笑)

第1検修場
DMC-GM1_P1070933.jpg
DMC-GM1_P1070931.jpg
DMC-GM1_P1070934.jpg
こちらの線路は4線軌道となっていました
車両中心を合わせるような検査で使用されるのでしょうか
桑名にある養老鉄道の台車振替場の記事はこちらになります

電気検測車「はかるくん」と電動貨車
DMC-GM1_P1070936.jpg
DMC-GM1_P1070937.jpg
保守用車両展示スペースに並んでいた2台
電気貨物関係はそんなに興味無いので、スルーしようとしたところ
貨車の荷台にレールが、しかもここも4線になっています

DMC-GM1_P1070938.jpg
写真のように狭軌台車は振替場で外して、でも検査はここでやるので一緒に持って来るみたいですね
思っても見ないところで4線軌道を発見してうれしくなりました(笑)

つづきは保守用車両と古レール

DMC-GM1_P1060429.jpg
南小樽駅から海の方へしばらく歩くと、観光客の多く集まる堺町エリアがあります
その中に並ぶ建物の一つに
倉庫運搬用のトロッコ軌道が残されているという事で来てみました

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1060439.jpg
建物に入るとカフェとガラス販売店に挟まれた廊下のような空間に
610mmの軌道がありました

DMC-GM1_P1060435.jpg
解説の看板によると、元はニシン漁のための倉庫として建てられ、
トロッコは後年設置されたようです

DMC-GM1_P1060456.jpg
山側から見た3号館の外観です

参考リンク
北一硝子

2015.04.09 (Thu) 23:08 CM0. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 街角軌道 ]
[ タグ : 街角軌道特殊狭軌(610mm以下) ]