上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
振分分岐器

延岡からバスで1時間半
廃線跡を横目に高千穂までやってきました。
現役時代に来れなかったのが残念でなりません
駅の真上を横断する道路から、まずは真下の分岐器を1枚

DMC-GF2_P1100787.jpg
ホーム、駅舎と検修庫方面

DMC-GF2_P1100786.jpg
延岡方面

DMC-GF2_P1100795.jpg
検修庫内に貼ってあった停車場平面図
写真をクリックすると拡大します

DMC-GF2_P1100798.jpg
車庫の終わりと倒れかけの車止標識

DMC-GF2_P1100803.jpg
構内にあった50kmポスト

参考リンク
高千穂あまてらす鉄道(公式)

スポンサーサイト
上路式転車台

大分駅付近の立体交差化事業に伴って
駅南側にあった運転所が一駅隣の牧駅付近に移転しました。
同時に運転所に設置されていた転車台も撤去され
新しい車両センターに転車台が設置されました

牧駅を下車して大分駅方向へ向かうと、
近くの陸橋から転車台を見ることができました
接続しているのは実質1本だけのようです

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1100740.jpg
列車からだとよくわからないですね

参考リンク
大分駅 / wikipedia 撤去前の転車台の写真有り
大分駅付近連続立体交差事業 / 大分県
廃線跡遊歩道
DMC-GF2_P1110359.jpg
中央東線勝沼ぶどう郷駅の東京方に
廃線跡のトンネルがそのまま遊歩道として残されています
前から行きたいとは思っていたのですが、
漏水による補強工事のため閉鎖されていたため未訪でした。
25年4月にその工事も終わり、
通行が再開されたということで行ってみることにしました。

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1110418.jpg
勝沼ぶどう郷側入口
左の2本は現役の新トンネルです

DMC-GF2_P1110268.jpg
駅方向はこんな風景です

DMC-GF2_P1110272.jpg
トンネルは線路両側が舗装されている他はほぼ現役当時のままになっています

DMC-GF2_P1110266.jpg
写真をクリックすると拡大します

トンネル説明板

DMC-GF2_P1110267.jpg
トンネル利用案内

DMC-GF2_P1110271.jpg
門扉の裏に隠れていた標準歩行時分表示板

DMC-GF2_P1110371.jpg
東京方出口
こちらにも駐車場があります。

DMC-GF2_P1110376.jpg
橋の上の線路上の物はタイルです



以下トンネル内部

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。