ノーズ可動式分岐器渡り線
DMC-GF2_P1060174.jpg
リクエストで行ってない場所を希望されて困ってしまったのですが
ネタの提供はありがたいので行ってみました
調布駅前後の地下化工事に合わせた形で
相模原線の調布駅京王多摩川方に、新しくノーズ可動分岐を使った渡り線が新設されるようです
メーカーの人から教えていただいたところによると、
このタイプのノーズ可動分岐器は京王線にしか無いそうです。
ポイント部とEJがぶつかりそうですが、
奥に見えるEJを新設しておいてから手前のEJを撤去するのでしょうか
参考リンク先によれば、この渡り線は地下化後の
相模原線調布折り返しに使われるのではないかということらしいです

参考リンク
京王線調布駅地下化工事(2012年4月7日取材) / Reports for the future ~未来へのレポート~

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060176.jpg
クロッシング部を拡大
絶縁継目板はFRP製の物が使われています
まだ転轍機は設置されていないようですが、可動クロッシングの鎖錠ってどうやるのでしょう?

以下地下化で無くなる平面交差

ノーズ可動式シーサスクロッシング

千葉から総武快速&横須賀線で横浜へ
東横線菊名から大倉山方に設置中のシーサスクロッシングを見に来ました
転轍機がまだ無いようですが、レール関係の敷設は終わってるようです

DMC-GF2_P1060159.jpg
クロッシング部の拡大
ノーズ可動のシーサスは新幹線等でも設置されていますが
ダイヤモンド部にまで可動部があるのは初めて見ました
また供用が開始されたら見に行きたいと思います

位置情報(googlemap)
貨車と線路

京葉臨海鉄道創立50周年記念として、
千葉貨物駅でイベントが開催されました
千葉貨物駅と言えば現役で唯一のカーリターダがある駅です
これは行かねばなりません

参考リンク
京葉臨海鉄道創立50周年記念イベント(PDF)

中門
DMC-GF2_P1060137.jpg

DMC-GF2_P1060121.jpg

DMC-GF2_P1060128.jpg
目の前には広がる線路とタンク車
なにか珍しい物もあったようですが守備範囲外です(笑)

早速カーリターダを探してみるものの見当たらず、
近くの係の方に聞いてみると「今回の公開範囲外」というつれない答え
しかし「8月の公開範囲には入ってるよ」とのこと
ということで、もう1回来ることに決定です(笑)

転車台跡

小湊鉄道から上総中野でいすみ鉄道に乗り換えて
大多喜駅で下車
城下町をしばらく歩いて、とあるビルの裏側に小さな転車台のピットが残っていました

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060115.jpg
転車台って言われなければ干上がった池にも見えます(笑)

DMC-GF2_P1060114.jpg
奥の建物は車庫の跡なんだそうです

写真では分かりませんが結構な雨が降って来たので
名残を惜しみながらこの場所を後にしました

参考リンク
夷隅軌道の転車台。 / 編集長敬白アーカイブ
大多喜の宝物 / うえるかむ大多喜
鉄初め2012 / 鉄道と模型の雑記帳

菜の花と線路

引き続き小湊鉄道から
沿線の桜は五分咲きといった感じでしたが、菜の花は満開でした

DMC-GF2_P1060056.jpg
沿線のいたるところに菜の花が咲いています
私も自分の沿線にこっそり菜種を蒔きたくなりました(笑)

横取レール

ちょっと千葉へ行く用事があったのですが
出発の前の日に軽探団さんのブログ
上総鶴舞の線路がある不思議な建物の写真を見てしまいまして
これはもう見に行きたくなってしまいまして、
そして行ってしまいましたw

五井からディーゼルカーに揺られて上総鶴舞駅で下車
目的の線路はすぐ見つかりました

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060064.jpg
建物側から駅側を見るとこんな風景
1枚目写真手前側の線路は本線から切り離されており
見えているホーム共々現在は使われていないようです

DMC-GF2_P1060069.jpg
横取レールは途中で30kgから6kg、また30kg(目測)へ変わりながらも
継目板は設置されていません

DMC-GF2_P1060063.jpg
建物の中を1枚
上記リンク先のコメントを読ませていただいたところ
この建物は発電所だったようです
現在は保線関係の倉庫となっているようで、
トロや軌道自転車を動かしやすいように横取レールが敷設されているのでしょう

DMC-GF2_P1060070.jpg
線路の繋がる建物を斜めから

転車台跡

富山のバス専用道の帰り道、泊駅に転車台があったということで
その痕跡を探しに大雨の中探索していると、
糸魚川寄りの踏切からそれらしいものを発見しました

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1050979.jpg
桁も残っているのかと思いきや
中央に見えるのは用水路だそうです
この感じだと、夏は草で見えないですね

DMC-GF2_P1050993.jpg
まだ大雨の中、列車の窓を開けて連写
この方向だとピットの円がよくわかります

DMC-GF2_P1050974.jpg
給水塔の方はしっかりと残っていました

参考リンク
泊 1979/9/30 / 懐かしい駅の風景~線路配線図とともに
石の肌4「煉瓦」 / ときどき刊・本丸コラム
泊駅 / ぬかるみ日記

以下跨線橋の古レール