上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
下路式転車台+扇形庫跡

青森駅の少し南側、デルタ線の右側に青森信号所があります
その場所には昔の青森機関区の流れを引く青森車両センター東派出所がありました
現在は青い森鉄道に移管されているそうです

位置情報(google map)

2009年の秋、青森中央大橋から見た転車台はレールをはがされ
扇形庫もその跡だけが大きさを物語っていました
Panasonic_P1120581.jpg

Panasonic_P1120584-2.jpg
7代目のTOPに使っていた写真です
モノクロの方が余計寂しそうに見えますね

Panasonic_P1120585.jpg
ピット内の円形レールまではがされています
現在はどうなっているのでしょうか
スポンサーサイト
旧転車台
津軽鉄道-津軽中里02
津軽中里駅構内にある元転車台です。
ピットは埋められており、前後レールも接続されていて回転はできないようです
美作河井明治村と並んで日本で最古に分類される転車台だそうです
正直、なぜか写真はこの1枚しか撮っていないので、再訪したい場所の一つであります

位置情報(google map)

津軽鉄道レールの変遷
津軽鉄道-津軽五所川原07
五所川原駅ホームに展示されている古レール
モスベイ製のレールは珍しいですね

ラッセル車
津軽鉄道ラッセル
ものすごい重量感ですね
今回の地震に関して、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます
当社線は直接被害はなかったものの、
昨日は終日ダイヤが乱れお客様にご迷惑をおかけしました
また、被災地域の鉄道会社各線の、一刻も早い復旧をお祈りしております
微力ながら応援の意味も込めて今回の記事を書かせていただきます

今回の写真はすべて2010年7月18日に撮影したものです
シングルスリップスイッチ(SSS)

釜石駅構内に設置されている、多分日本最北端のSSSです
線路配線上、SSSを設置せざるを得ないような用地の狭さは感じないのですが
三陸鉄道との境界などが絡んでいるのかもしれませんね

位置情報(google map)

Panasonic_P1180184.jpg
車窓から見えた釜石の町並みです

2種緩衝式車止

スイッチバック式の大垣駅揖斐方面ホームの終端にある
トワイライトゾ~ンMANUALにも取り上げられていた車止です
どこが緩衝式なのかぱっと見はわかりませんが、
真横から見てみるとわかります

Panasonic_P1210224.jpg
全国いろいろ見てきましたが、同じ形の物を見たことがありません
まるで昔の機関車の連結部分みたいな緩衝器ですね
これが活躍する機会が無いことが一番です

位置情報(google map)

2種車止
Panasonic_P1210220.jpg
反対側の桑名方面ホームの車止
こちらは普通の(?)車止です

2011.03.05 (Sat) 00:27 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 車止 ]
[ タグ : 車止狭軌(1067mm)普通分岐器 ]
藤崎線 - 藤崎宮前

マクラギ+2種車止+砂利盛
水道町で市電を降りて、商店街をてくてくと歩いてやっと藤崎宮駅に着きました
結構遠いですね
駅はビルの1階にあるのですが、立派な頭端式ホームなのに無人でした

位置情報(google map)

菊池線 - 上熊本
Panasonic_P1030869.jpg
2種車止+砂利盛+制走堤
カエルが飛び出さないようにしっかりと構える車止
標識は電照式でしょうか?

位置情報(google map)

市電の上熊本駅の車止はこちら

菊池線 - 御代志
Panasonic_P1030982.jpg
マクラギ+1種車止
本線の終点は2種車止が必要なはず(実施基準にもよりますが)
もしかしたら砂利の中に2種車止が隠れている可能性も
それよりも、黄色い車止標識が珍しいですね
杭と一緒に塗ってしまったんでしょうか(笑)

位置情報(google map)

新幹線の車止標識はオレンジ色
函館市電の車止標識は赤です

2011.03.01 (Tue) 00:26 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 車止 ]
[ タグ : 車止狭軌(1067mm) ]
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。