上路式転車台


今年の文化の日の連休は、四国を1周してきました。これで3周目です(笑)
東京から高速バスに乗り、高知駅からレンタカーで最初に向かったのが布師田でした
高知運転所の転車台は建物の裏側
用水路沿いのフェンスの間から、なんとか確認することができました

位置情報(google map)
千葉実験線

田無へ寄り道したものの、本来の目的である幕張メッセへにはしっかり行ってきました
事前のパンフに撮影禁止とあったので、写真は撮らなかったのですが
実際各ブースではいろんな人が写真撮りまくってました
こんなならおいらも峰製作所の新型可動ノーズクロッシングとか撮ってくれば良かったです

さて、今日最後の目的地は西千葉駅
たまたまこの日が実験所の公開日だったので、行ってみることにしました
正門からまっすぐ歩いた通路のどんつきに、標準軌の併用軌道が出てきました

位置情報(google map)

Panasonic_P1200753.jpg
敷地に合わせて線路は右にカーブしていきます

Panasonic_P1200754.jpg
そして建物の裏側で線路が終わっていました

Panasonic_P1200756.jpg
展示されている台車は、京阪2600系の物だそうです
もしかしたら、昔乗ったことがあるかもしれないです

参考リンク
千葉試験線(PDF)
生研公開・千葉実験所公開資料 /
東京大学生産技術研究所 先進モビリティセンター/機械・生体系部門 須田研究室


シングルスリップスイッチ(SSS)

東大農場への最寄り駅の田無ですが、所沢方にSSSを見つけました
用地的には余裕がありそうな感じもしないことないのですが、
直進性とかも考慮されているのかもしれませんね

Panasonic_P1200723.jpg
線路脇の道路からも見ることができました
見る方向が変わると、同じ設備とは思えないですね

位置情報(googlemap)
610mmトロッコ軌道

笹塚から新宿へ戻り西武新宿線へ
田無駅で急行を降りて、まっすぐ北へ向かうと、そこに広がっていたのは
東京大学大学院農学生命科学研究科付属生態調和農学機構、通称「東大農場」
その農場内に、旧乳牛舎を改築して設置された農場博物館があります

農場博物館前には、乳牛舎時代に飼料や排泄物を運搬するのに使われた
トロッコ軌道の一部と転車台が発掘され、保存されています

Panasonic_P1200732.jpg
転車台の拡大
動くかどうかは、あえて触ってませんので不明です

Panasonic_P1200736.jpg
博物館内に残されているレールは、窓が設けられて観察できるようになっています
奥の扉の向こう側が転車台方面です

位置情報(googlemap)

参考リンク
東京大学大学院農学生命科学研究科付属生態調和農学機構 農場博物館
東大農場の軌道。 / 編集長敬白
東大農場(東京都) / 軽探団

複分岐器

幕張メッセで行われた、鉄道技術展へ行ってきました
また出張にしてもらえなかったので、自腹です
京王新宿から1駅、笹塚駅の新宿方面ホーム八王子方で新しい分岐器が挿入されていました
よくよく見てみれば、複分岐器になっています
京王のニュースリリースをよく読んでみると
奥の方に見えるシーサスを手前に持ってくる必要があって
そのせいで複分岐器を入れなければならなくなったようですね

Panasonic_P1200715.jpg
クロッシング部の拡大です

切り替え後の記事はこちらです

位置情報(google map)


2010.11.14 (Sun) 00:02 CM2. TB1.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 複分岐器 ]
[ タグ : 複分岐馬車軌間(1372mm) ]