上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
双頭レール

明治村に展示されていた蒸気動車が、JR東海の博物館へ移送されるニュースを見た際に
車両じゃなくってレールを見てたら、なんだか双頭っぽかったのです
気になって仕方なくって、来てみたらやっぱり双頭レールでした
我ながら変なアンテナがあるものです(笑)

位置情報(googlemap)

Panasonic_P1160035.jpg
双頭レールの継目板。段違いの異型になってますが
レール頭面も合わせて段違いになっているので、あんまり意味が無いと思います

鉄道局新橋工場
Panasonic_P1160042.jpg
鉄道局新橋工場の5、6号御料車が乗っているレールも双頭レールです
レールとレールの間にある案内板には、
DARLINGTON IRON C0. LIMTD. 75 I.R.J.
の刻印があるとされていますが、刻印部分を見つけることはできませんでした

位置情報(googlemap)

スポンサーサイト
2010.03.31 (Wed) 23:54 CM7. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 レール ]
[ タグ : レール遊覧鉄道 ]
SL東京駅 転車台


Panasonic_P1160012.jpg
美濃太田からボロ車を飛ばして明治村へやって来ました
中学校の宿泊学習以来です
こちらの転車台は、明治村の前は旧尾西鉄道弥富駅に設置されていたもので
美作河井駅に残されているものと並んで日本最古級のものだと言われています
東京駅の転車台は、車庫の分岐も兼ねていました

参考リンク
明治村東京駅転車台(PDF) / 白井昭電子博物館

位置情報(googlemap)



Panasonic_P1160013.jpg
東京駅を出発した列車の最後尾から、ホームと腕木式信号機と分岐器
ダルマ式の分岐器では、機関車はそのまま割り出して行けるみたいです

上路式転車台

連休だったので東海周辺の見たかったものをいろいろと見て回って来ました
最初にやってきたのは美濃太田
駅前のホテルの窓から転車台を望むことができました

位置情報(googlemap)


Panasonic_P1150992.jpg
線路沿いの道からも見ることができます

Panasonic_P1150988.jpg
駅の北口からは、ちょっと遠いけど線路方向正面が見えます
ナローゲージ脱線分岐器

ご存じ野辺山駅近くのJR最高点から、国道の方へちょっと歩いたところにSLが走っています
国道は線路より高台なので、もしかしたらここの線路が日本で一番高いところかもしれません
そんな周回線路から、車庫への分岐線。車庫の入口に脱線分岐器がありました
762mmのナローゲージですが、近所にはその5倍以上広い特殊広軌の線路もありますよ

位置情報(google map)

参考リンク
野辺山SLランド(冬期は休業)

Panasonic_P1050035.jpg
脱線防止レールと踏切ガードが共用になっています
ガードレールの詳しい話はこちらからどうぞ

赤い車止標識

オレンジ色の車止標識は新幹線で見ることができますが
赤い標識はとっても珍しいというか、ここ以外では見たことがありません

Panasonic_P1120517.jpg
電車は割とギリまで近づきます

位置情報(google map)

両側案内式AGT分岐器

AGT(Automated Guideway Transit)はゴムタイヤを使用した
案内軌条式鉄道のことで、新交通システムの1種です
1983年に制定された標準型新交通システムでは側方案内式が採用されましたが
1981年に開業したポートライナーでは両側案内式が使われています

側方案内式AGT
日暮里・舎人ライナー - 見沼代親水公園
中央案内式AGT
山万ユーカリが丘線 - 公園

分岐器の転換動画です


位置情報(google map)

2010.03.07 (Sun) 22:32 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 特殊鉄道 分岐器 ]
[ タグ : 特殊鉄道分岐器車止動画 ]
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。