2月27日、近鉄大阪線東青山駅構内で列車の脱線事故が起きました
ニュースなどでは原因として、
横取装置の収納忘れではないかと言われているようです
また4月12日には、東海道貨物線戸塚駅付近で
MTT作業に伴う線路閉鎖着手前に、横取装置のロックを解除してしまい
貨物列車と衝突するという事故が起きてしまいました。

そこで「横取装置」とは何か、
たくさんの皆様が検索してこのブログへやって来ていただいているようです
まず文章での説明はこちらの記事(東海道新幹線 - 京都)をお読みください

また、こちらの記事を参照した感じでは、
今回の現場に設置されていた横取装置は↓この手動式横取装置(分岐器型)のようです


これは私の社での横取装置の使用方法です。
他社では異なる場合もありますので、あくまで参考ということでお願いします

横取装置を使用して保守用車などを進出、収納させる際は
まず指令に連絡して線路閉鎖か保守用車使用の手続きを取り、
列車が当該区間に入らないように指令で赤信号を出してもらいます

その後横取装置横に設置されている警報装置にささっているカギを抜きます
この時点で警報装置からは結構な大きさのブザー音が鳴ります
抜いたカギを用いて、線路外に設置されている横取装置ストッパーの南京錠を外します

ストッパーを外すと横取装置はバネの力で本線レール上にかぶさります
上下それぞれの写真をクリックするとかぶせた状態の写真になります
IMG_3137.jpg

本線レールに横取装置がかぶさっている状態では
その状態がセンサーで警報装置へ送られ
線路を短絡状態にさせて当該区間の信号を赤にしたり
警報装置がさらに特殊信号発光装置(LED)を動作させて
横取装置使用中は決して列車が入ってこない仕組みになっています

保守用車の通過速度は5km/hです
それくらいゆっくりでないと、高低差のある横取装置の通過は危ないのです

保守用車の通過後
横取装置を元通りに収納し、ストッパーをかけ、南京錠で鎖錠します
カギを警報装置に差し込むとブザーが鳴りやみます
警報装置のセンサーが使用状態になっていないことを確認
同時に現場のレールも確認します
かぶせた状態の写真を見ていただくと、鉄板が黄色いのがわかるかと思います
この写真は昼間ですが、横取装置を扱うのはほとんど夜間ですので
蛍光塗料を塗って暗い中でも目立つようにし、収納し忘れを防止しています

ここまでの確認作業はすべて2人以上で指差確認で行います
確認が済んだら指令へ連絡して、短絡状態が解消されているかどうかを確認してもらい
線路閉鎖または保守用車使用を終了します

これが「横取装置とは何か」ということの答えになると思います
事故の原因については、現在の状況で私が何か言えるようなことはありません
また詳しい原因などがわかった場合は、他山の石として事故防止に努めたいと考えています

2009/2/28追記
上記参照先のブログの方でさらに詳しい写真が追加されたようなのでご紹介します
近鉄大阪線東青山駅構内の配線について / DK-Kawachiの日記と雑学ノート
おいらの働いている事務所は基本的に技術職場なので
かかってくる電話の99%は業者さんかお役所からです
そんな中、たま~に一般の方からくるのが
木マクラギを売って欲しいという電話です

折からのガーデニングブームや学園祭のキャンプファイヤーなど、
古い木マクラギって結構需要はあるみたいですね

数年前までは数に余裕のある場合、実費で譲っていましたが
平成16年7月に「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」が改正され
木マクラギの防腐剤として使用されていたクレオソート油
発がん性があるということで、新たに規制されることになりました

そのため当社でも、工事など発生する防腐処理済木マクラギに関しては全て廃棄することとなり
譲渡希望の問い合わせには、全てお断りするような形になっています

「昔は譲ってもらえたんだけど・・・」とおっしゃる方には
・ 法律が変わったこと
・ マクラギに含まれている防腐剤に発ガン性があること
をきちんと説明して、納得(?)していただいています

また例外として、橋マクラギの一部に防腐処理されてない物があります
(見た目が真っ黒ではない物)
これが発生した場合は売却しても構いませんが
寸法、見た目的に一般の方が思い浮かべる木マクラギとは違うと思うので
やめたほうがいいかもしれません
参考:城東貨物線 - 赤川橋梁

余談ですが、逆に16年7月以降に購入した木マクラギは
安全な防腐剤になっているので、理論上は売却できますが、まだまだ発生品にはなりません
当社管内の全ての木マクラギが16年7月以降の物に交換できたら
売却は再開してもいいかもしれませんね

2009.02.24 (Tue) 00:52 CM8. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 保線の仕事 ]
[ タグ : 解説 ]
転車台

2006年11月、新潟での研修の帰り道
素直に新幹線でで帰ればいいものを、わざわざ会津回りで帰ってしまうのでした
そんな磐越西線へ向かう新津駅
ここの転車台はまだまだ現役のようです

位置情報(googlemap)

分岐器×7
IMG_6798.jpg
乗り換えの時間待ちの間に自由通路から下をのぞいてみました
キレイに並んでいますね

直角平面交叉クロッシング部(保存)

阪急西宮スタジアム跡に開店した阪急西宮ガーデンズの北側の公園に
阪急西宮北口駅に設置されていたダイヤモンドクロスが保存されています

クロッシング横の説明板
Panasonic_P1080792.jpg
クリックすると大きい写真
になります
ちなみカリヨンとは、駅コンコース内の時計台のことだそうです

Panasonic_P1080797.jpg
左奥に見える建物が阪急西宮ガーデンズです
クロッシングまでの間にレールも埋め込まれていたのですが
つながっているわけでもなく、左右でずれていたり
クロッシングのレール延長上に置いてあるわけでもなく、何だか中途半端な感じです

位置情報(google map)

参考リンク
ダイヤモンドクロス / 鉄道遺構探検部
北神急行 2008「鉄道の日」記念イベント / 観測所雑記帳

ED40形式電気機関車

横川~軽井沢間にある碓氷峠に設置されたアプト式区間のために作られた
初の国産電気機関車です
電気は架線からではなく第三軌条方式で供給されていました

ED4010 ピニオンギア部
Panasonic_P1070054.jpg
機関車の脇に階段があり、下からピニオンギアを見ることができます
写真をクリックすると、下から見た写真になります
ギアが見やすいように、ラックレールが透明なプラスチックになっています
また写真右側に見える双頭レールのようなものが、電気が流れていたサードレールになります
集電靴は下側からレールに接触する形になるようです

参考リンク
ED40形式電気機関車 - 鉄道博物館展示資料紹介
国鉄ED40形電気機関車 - wikipedia

鉄道博物館 - その1(ターンテーブルの巻)
鉄道博物館 - その2(青ガエル発見の巻)
鉄道博物館 - その3(双頭レールが相当あるの巻)
鉄道博物館 - その4(DSSを動かしてみたの巻)
鉄道博物館 - その5(軌間だって変えられるんだの巻)
鉄道博物館 - その6(峠に挑む機関車とレールの巻)
鉄道博物館 - その7(船の上の三枝分岐の巻)

2009.02.12 (Thu) 00:03 CM9. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : ラック式鉄道 ]
[ タグ : ラック式狭軌(1067mm)車両 ]