D51561号蒸気機関車

群馬県川場村の役場近くに、デゴイチが動態保存されています
動態といっても、圧縮空気で動くように改造されているので
SL(Steam-Locomotive)ではなくてAL(Air-Locomotive)なのかもしれませんね(笑)

ちなみにこの施設はホテルSLという宿泊施設の施設なのですが
ホテル自体は営業休止中です
ただし、機関車の運転実演は現在も実施されています
運転日等は公式ブログでご確認ください

ホテルSL デゴイチ日記
ホテルのシンボル D51561

位置情報(googlemap)

2008.12.16 (Tue) 23:43 CM0. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 遊覧鉄道 ]
[ タグ : 車止狭軌(1067mm)車両遊覧鉄道 ]
足尾ガソリン軌道 - 歴史館線

風の高原鉄道のオーナーに教えていただいて
銅山観光から、わたらせ渓谷鐵道を挟んですぐ上にある足尾歴史館に足をのばしてみました
歴史館では鉱山の歴史や鉱毒事件についての資料が展示されていましたが
やはり目は外の線路に向いてしまいます
その昔足尾町内に走っていたガソリンカーを復元している途中だそうです
まだガソリン機関車自体は復活できていないので、
KATO製のディーゼル機関車がトロッコを引っ張っています

Panasonic_P1060945.jpg
元スケートリンクだった広い敷地に610mmの線路がひかれています
亘線としっかりした分岐器も設置されています

Panasonic_P1060947.jpg
プラットホーム横にある三線軌道
ガソリン軌道の610mm(24インチ)と、坑内軌道の495mm(19.5インチ)のようです

位置情報(googlemap)

ガソリンカーの運行状況 / 足尾歴史館
“パリダカ”の増岡さんと足尾・日光のトワイライトゾ~ンを巡る。(中) / 編集長敬白
通洞駅祭で大はしゃぎ! / 大阪の鉄チャン 大はしゃぎ!

リッゲンバッハ式ラックレール
Panasonic_P1060818.jpg

ラックレール開始部
Panasonic_P1060919.jpg

風の高原鉄道を後にして
オーナーに教えていただいた日光の裏道を抜けて足尾までやってきました
足尾銅山観光は一度来たことがあるのですが
その時はいい写真が撮れなかったので、もう一度来てみました
ここの軌間は914mmだそうです。珍しいですね

位置情報(googlemap)

参考リンク
足尾銅山観光(足尾観光協会)