上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
ダブルスリップスイッチ(DSS)

このブログの2代目のTOP写真を飾っていたDSSです

前回訪れた際はここにDSSがあることを知らなくて
横の窓からあわてて撮った写真しかなかったので、
長らく記事にすることができませんでした

その時の写真です↓
神戸電鉄有馬線-有馬口
ヒール部(トングレールの付け根)にあるマクラギが、合成になっていますね(明るい茶色の2本)
合成マクラギはガラス繊維を硬質ウレタン樹脂で固めたもので
変形変性しにくい良い材料なのですが、値段が木のマクラギの5倍くらいするので
全部入れるのは大変なのです

位置情報(googlemap)

H25.05.30更新
5月28日にこのダブルスリップ付近で脱線事故が起きた模様です
Panasonic_P1150057.jpg
写真は有馬口駅ホームから三田方面を見た写真です
脱線したのは新開地発道場南口行きの列車ということで
事故情報によると手前真ん中の線路から、奥側左の線路へ向かうルートだったようです

Panasonic_P1050955.jpg
三田発新開地方面の列車から有馬口駅を見た写真です

スポンサーサイト
ダブルスリップスイッチ(DSS)

SSSを見るために平野駅で降りてみたら
ホームの向こうにDSSを発見しました
思いがけずネタが見つかると楽しくなりますね(笑)

よく見ると、このDSSもK字クロッシングが固定になっています

位置情報(googlemap)

その1 サービス

とある駅での作業中
到着する電車を避けて隣の線路で発車を待っていました
いつものように片手を上げて運転士さんに退避の合図をしていました
ただ、ちょっぴり肘が曲がっていたせいなのでしょうか
出発した電車のお客さんたちが手を振ってくれました

そういうサービスだと思われたのかも(笑)

2008.09.16 (Tue) 22:04 CM4. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 保線の仕事 ]
シングルスリップスイッチ(SSS)
Panasonic_P1050919.jpg
シグナス森林鉄道からの帰りの電車で見つけたSSS
能勢電は距離が短い割に特殊分岐器が多いですね

位置情報(googlemap)

先週からプラグインに追加したカエルの行列ですが
一応その解説です

元の車両の画像に関しては「Train Banners」様及び「09 Photo-Rail」様から拝借しています
使用条件は守っておりますが、問題があるようでしたら修正します

2008.09.15 (Mon) 01:56 CM0. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 東急旧5000系(青ガエル) ]
リッゲンバッハ式ラックレール

シグナス森林鉄道は大阪と兵庫の境にある
妙見山の中腹にある妙見の水広場で、能勢電鉄が運営している鉄道です
大井川鉄道のアプト式を調べていた際に存在を知って
実家にいる間に見に行ってきました

能勢電鉄の妙見口駅から真夏の太陽の下で坂道を登っていくこと約30分
休日はバスが走っているらしいのですが…
汗だくになりながらやっと妙見ケーブルの黒川駅に到着
冷房の無いケーブルカーで山上駅に着きますが
そこからさらに急坂を5分ほど登った所に妙見の水広場がありました
まさかこんなに苦労するとは(笑)

Panasonic_P1050896.jpg
列車の最後尾からラックレールを見るの図
誤解をされている方も多いのですが、
機関車に設置されたピニオンギアと、レール側に設置されたラックレールを組み合わせて
急勾配を登っていく方式をラック式鉄道と言います
「アプト式」や「リッゲンバッハ式」というのは
その中でのラックレールの種類になります

位置情報(googlemap)

参考リンク
リッゲンバッハ式ラックレール(阪急阪神ホールディングス 阪急阪神研究所)

先日鉄道総研の技術フォーラムへ参加した際に、
試験線の一部に標準軌、狭軌、30kの安全レール、さらに真中にリッゲンバッハ式のラックレールと
計7本のレールが敷設してあるところがありました
残念ながら写真撮影が禁止でしたので撮ってこれませんでしたが
googlemapの航空写真で見ることができます

2009年の平兵衛まつりに行った際に7線軌道を見て来ることができました
鉄道総合技術研究所

転車台+扇型車庫

京都駅からまっすぐ西へ
多少道が狭くなっても気にせず進んで、山陰本線の高架が見えたらそこが梅小路です
駅から微妙に遠いです。
昔友達と東山二条から歩いて行ったら、次の日友達学校休みました(笑)

Panasonic_P1050782.jpg

Panasonic_P1050784.jpg

位置情報(googlemap)

梅小路蒸気機関車館(offcial site)

内方乗越分岐器+安全側線

京阪交野(かたの)線から本線へ合流する手前に設置されている乗越分岐器です
高校、予備校、大学と通学時にいつも見てきた風景でもあります

位置情報(googlemap)


2種緩衝式車止
Panasonic_P1050750.jpg
こちらは交野線専用ホーム終端の車止です


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。