上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
その1 その2 その3 その4 その5

後藤寺線 - 田川後藤寺


一目でわかるこのインパクト
普通の車止標識の4倍くらいの大きさでしょうか
JR九州以外では見たことがありません
と言っても九州の車止の全てがこういう風になってるわけではなく
本線以外でも見かけたので、設置基準はいまいちわかりません

鹿児島本線博多駅の車止標識はこちらの記事に写真があります

また今回紹介する以外に、伊万里と鳥栖、門司港の車止の写真を撮ったのですが
以前書いたとおりデジカメのデータが吹っ飛んでしまいましたので
こちらの方をご紹介させていただきます

・伊万里駅
行き止まりの景 JR九州:筑肥線;伊万里駅
(リンク先:鉄路ノ景)

・門司港駅
ホームと線路と・・・それから・・・
(リンク先:駅・・・素敵な想い)

鳥栖は探してみましたが見つかりませんでした


スポンサーサイト
2008.06.29 (Sun) 23:49 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 車止 ]
[ タグ : 車止狭軌(1067mm) ]
逗子線の三線軌道
その1 神武寺~金沢八景
その2 金沢八景~東急車輛(外)
その3 六浦の移線装置
その4 東急車輛(中)

三線式軌道+分岐器


京急線は標準軌なのですが、
金沢八景駅に隣接する東急車輛製造横浜製作所から
JRの狭軌車輌をJR逗子構内まで回送するため
金沢八景から神武寺間の上り線は
1,067mmと1,435mmの三線式軌道になっています

上の写真は神武寺駅構内の三線軌道の終点
左側分岐方向がJR線になります
ちなみに上下線間には緑と黄色の臨時徐行信号機が見えますね

位置情報(googlemap)

上熊本駅を発車する5102A 2008/05/04


写真はこちらの記事

その他、熊本電鉄5000系に関連するブログ記事を集めてみました

熊本電鉄5000系の動画が完成! / 海外鉄道旅行愛好者
最後の「青ガエル」 熊本に健在! / Kaz-T's blog レインボーライン
[熊本電気鉄道・熊本市交通局] 熊本出張(3日目) / わいまブロぐ -ymaBLOg-
熊本電気鉄道 5000形電車 / 水の丘交通公園
上熊本まで行って見ます♪ / としおちゃんのやる気のないブログ
熊本電鉄と路面電車 / ちょいてつ
年末の九州旅行2007 ~Part3-1~ / ほのぼの日記
流れ流れて、熊本へ / モデルショップさがみ ガラクタ雑談室
熊本電気鉄道5000系(元東急5000系)内部 / 鉄ちゃん焼きRYOちゃんの部屋
“青蛙”に乗ってピカソを観に行く / 天燈茶房 TENDANCAFE
番外 特異車シリーズ 熊本電鉄5000系 / コウさんのコウ通大百科
熊本電鉄5000系 / (その2) / ユルテツblog
故郷離れて・東急デハ5000 / お出かけ通信:blog版
青ガエル物語 / 鉄道は私のものではない
「生」青ガエルとご対面 / [本家]Y-DC対策委員会
熊本電鉄5000形旧塗装 / 和白交通局日誌
青ガエル 負けるなクマデン ここにあり / @Lefty
熊本の青ガエルに会いに・・・・
 そして、不思議な光景・・・
 韓々坂駅・・・・・ / 気ままに日記
熊本電鉄“青ガエル” / ようこそ!「雲の上はいつも青空」
元東急5000系「青ガエル」との再会 / 上池台、いぶき野経由、南栗橋ゆき
青ガエル(熊本の電車) / マイライフ「デジタルカメラで切り取った世界」
上熊本駅へ到着する青ガエル / 雀の写真館
青ガエルやら白ガエル、やら・・・ / 四代目ウメオの縁側日記
健在! 熊本の“青ガエル”。(上) / (下) / 編集長敬白

2008.06.21 (Sat) 01:14 CM4. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 東急旧5000系(青ガエル) ]
[ タグ : 動画 ]
熊本電鉄5000系 - 5102A


最後にカエルに乗ったのはいつだったろう
たしか小学校2年生、飯坂温泉へ行くために
福島交通のクリーム色のカエルに乗ったのが最後だったと思います

それから20年以上が過ぎて、僕もすっかり大人になって
やっと熊本で走ってるカエルに会えました
車体や塗装はやっぱりそれなりにくたびれてはいるけれど
それでも元気にしっかり走っています

正直なところ、10年後はこの風景も過去の物になっていることでしょう
その前にカエルに会えて、本当によかったです

動画の青ガエルはこちら
2007年度九州地区「鉄道の日」ポスターはこちら

以下、本当に写真がいっぱいで重いです。ご了承くださいm(__)m

2008.06.20 (Fri) 00:12 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 東急旧5000系(青ガエル) ]
[ タグ : 狭軌(1067mm) ]
インファンド軌道シーサスクロッシング


インファンド(工法)軌道とは、予め溝を設けたコンクリート路盤にレールを埋め込み
レールを樹脂で固定する新しいタイプの弾性軌道です
日本ではこの上熊本駅前電停周辺に初めて導入されました
また広島電鉄にもインファンド軌道が設置されています
(参考リンク:新潟トランシス)

位置情報(googlemap)

以下終点の風景

新交通システム分岐器(側方案内式)


先日の話ですが、私も出版に協力した「モハようございます」の著者の吉田さん
オーム社編集のSさんと一緒に飲む機会がありまして
ちょっくら東京まで行って来ました

人形町にあるキハという楽しいお店で、楽しくお話しをしてきました
「モハよう」はとても好評で、第2弾もあるかもしれないとのこと
またご入用の際は協力させていただきますね

さて、ただ東京に行くだけではお金ももったいないので、いろいろ回ってきました
行程は、人形町→上野→金町→北千住→大師前→江北→見沼代親水公園→
日暮里→上野→北千住→浅草→銀座→中目黒→綱島→渋谷→家

そんな訳で、未乗だった日暮里舎人ライナーへ
上の写真は終点見沼代親水公園の折り返し分岐と亙り線
左端に見える信号らしきものによると、現在この分岐器は分岐側に開通しています
よく見ると左側のレール部にはオレンジ色の塗色とRの文字(反位表示)
右側には緑色の塗色と隠れていますがNの文字(定位表示)があります
どうやらここの分岐器はこの色の付いたレールの部分が動いているようです
神戸のポートライナーと比較すると、
転轍機(線路左の黒い装置)は普通の鉄道と同じものが使われていて
構造もすっきりしているのと同時に、汎用の鉄道装置を使うことで
経済的にも有利な構造になっているようです

位置情報(googlemap)

2008.06.08 (Sun) 01:22 CM0. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 特殊鉄道 分岐器 ]
[ タグ : 特殊鉄道分岐器車止 ]
三線軌+軌間変換装置跡


新八代の鹿児島本線から新幹線ホームへつながるアプローチ線
1,067mmと1,435mmの三線軌になっていますが、
普段使われているのはリレーつばめが走る1,067mmの方です

奥に見える軌間変換装置は、残念ながら無くなっていました
新下関→新八代と来て、今はどこにあるんでしょうね

参考リンク
鉄道博物館の軌間可変軌道模型
新八代立体交差 (リンク先:鉄路ノ景)
新八代駅の新在直通異電圧交交セクション (リンク先:日本のデッドセクション)
鹿児島本線 - 新八代 その2 (2016.2再訪)

位置情報(googlemap)

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。