上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
[ 分類 : スポンサー広告 ]
ダブルスリップスイッチ×2


鶴見線から南武線に乗り換える際に、
改札横の踏切からDSSが見えたので撮ってみました
いろいろなHPで紹介されている有名なDSSですが
やっぱり実物がいいですね(笑)

位置情報(google map)

スポンサーサイト
鶴見駅


鶴見線にはいろいろあるらしいと風の噂に聞いたので
ミスチルのLIVEに行った後鶴見のホテルに泊まりました(笑)
朝早くないと鶴見線は大変ですからね

ということで一つ目のSSSはいきなりホームから確認できました
幸先いい感じです

位置情報(google map)


三枝分岐器


新丸子駅から渋谷方向へ向かうと、
多摩川の橋梁を渡る直前に保線基地が見えます

多くの保守用車両に囲まれて、三枝分岐器を確認することができました
よく見ると右側に交換用のクロッシングが置いてありますね
しかし、この場所は写真撮るの大変です

位置情報(google map)
2007.09.22 (Sat) 12:48 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 三枝分岐器 ]
[ タグ : 三枝分岐狭軌(1067mm) ]
シングルスリップスイッチ(SSS)
Panasonic_P1120205.jpg
京阪中書島のSSSよりもさらに外側に亘り線がついていますが
さらに踏切で目くらましされていますが、
やっぱりこれはシングルスリップです

レール3本が1箇所で交叉していますが、
このタイプのSSSは他で見たことがありません

向かって左が粟生線、粟生方面
向かって右の複線が、有馬線三田方面です

位置情報(google map)

2008/9/28追記
今年のお盆に鈴蘭台を再訪したので、踏切を渡ってみました
Panasonic_P1050963.jpg
3本のレールが重なっている特殊なクロッシングです
ゴム製の踏切敷板もとても複雑ですね

Panasonic_P1050961.jpg
クロッシング部の拡大写真です
刻印を見た感じでは、コマツキャステックス製のようですね
また検査の直後だったのか、
チョークで軌間やバックゲージ、フランジウェイ幅の数字が書いてあるのが残っています

以下北鈴蘭台駅前

ダブルスリップスイッチ(DSS)


西馬込駅の北側にあった車両工場(2004年に移転)に
通じる引込み線にあったDSSです
側線分岐のためか、クロッシング部が一体鋳造ではなく組立分岐となっています
この引込み線には、地下鉄では珍しい踏切が3箇所ありましたが
もちろん現在は列車が通ることもありません
レールもすっかり錆びています

位置情報(google map)
4連ダブルスリップスイッチ


仕事でもお世話になっている
軌道機械のページ」のやざわさんに
このBlogからのリンク報告をさせていただいたところ
こちらのDSS×4を教えていただたので、先日東京へ行った際に訪問してみました
普通に、車庫横の道路から見ることができます

位置情報(google map)


この工場の内部から撮られた写真の記事がありましたのでご紹介します
1991年線路巡礼:ダブルスリップ4連続 / 線路巡礼(LUNの歴史を記録します)

さらにカナダ・トロントの5連続DSSです
ついに海外進出? / 峠のすずらん 写真館
6日の朝5時、台風がまだ上陸するずっと前なのに
大雨で列車が運転中止になりました
指令からの電話で起こされて呼び出しを受けてから38時間半・・・
会社を出られたのは7日の19時半でした(o_ _)o

今回の台風はウチの線区もまともに直撃されてしまって
至る所で倒木が電線を切断したり
水路であふれた水に線路の砂利がさらわれてしまったり
線路沿いの川では洗屈が起きて大規模な陥没も発生しました

私はと言えば、断続的に降り続く大雨の中
安全確認のため軌道用のスクーターで不通区間を何回も往復したり
夜は事務所に残って、夜通し現場との連絡や指示をしていましたが
結局あまりにも被害が多かったため、当日中の運転再開はできませんでした

現場では隣の現場の状況がわかりませんし
指令では現場からの報告を頼りに、とにかく列車を動かすために努力していますが
結局駅に情報が行くのは最後になってしまいます
一応指令に詰めてる広報さんがHPの運行情報を随時更新していますが
お客様の全部がネットできるわけでもなく・・・
とにかく、お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません

しかし、線路が100%安全であると確認できない限り
列車を動かすことはできません
それはもちろん、お客様のためなのです
そして同時に、現場に出ている人間の安全も確保しなければならないのです

ニュースの交通情報でやってる
「列車運転見合わせ」
の裏では、こんなことをやってる人間もいるんだなって
知ってもらえれば幸いでございます
2007.09.12 (Wed) 23:42 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 保線の仕事 ]
特殊広軌?鉄道


京都の蹴上にあるインクライン跡です
右奥に見える鉄橋のような貨車に貨物船を丸ごと載せて
ケーブルカー方式で高低差のある疎水をつないでいました

軌間はものすごく広いのですが
こちらの実測によると2,450mm(100インチ)だそうです

位置情報(google map)

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。