DMC-GM1_P1270818_2017-08-04.jpg
2017年4月、芝浦工業大学附属中学高等学校の開校に合わせてオープンしたミニ博物館です
学校の校舎内にあるため、入館料は無料ですが、受付で入校手続きをする必要があります

ブックヤード~本の操車場~
DMC-GM1_P1270816_2017-08-04.jpg
所蔵されている鉄道雑誌や書籍が、車両を模した移動式本棚に収められています
本棚は線路上を自由に動き、連結もできるようです

DMC-GM1_P1270815_2017-08-04.jpg
線路は1線から転車台を挟んで2線に分岐しています

DMC-GM1_P1270814_2017-08-04.jpg
この転車台も自由に動かすことができるようです

DMC-GM1_P1270811_2017-08-04.jpg
移動式本棚の車輪ですが、レール内側腹部に対して側方案内式の車輪がついているようです
車両はあんまり気にしてないので写真撮ってませんが(笑)

位置情報(google map)
芝浦工業大学附属中学高等学校校舎内

参考リンク
公式HP


位置情報(googlemap)

現在首里までのゆいレールですが、
現在4.1km先のてだこ浦西駅までの延長が決まり、
2019年の開業を目指して工事中です
延伸に必要なPC軌道桁を製作するための工場が
浦添市の海沿いにあるという事で見に来ました

※注意
この工場を挟んだ向こう側はアメリカ軍キャンプキンザーとなります
当方撮影時は何もありませんでしたが、
この先訪問の上、撮影等される方に関しましては十分注意してください。


参考リンク
沖縄都市モノレール延伸関連 PC軌道桁製作場整備 工事画像 2015年10月 / Monorails of Japan web site

奥の背の高い建物が打設工場、手前の建物が蒸気養生場となっており
2つの建物と、門型クレーンへの受け渡し場所までの間に
2本の普通鉄道用の軌道が敷設されています
遊覧鉄道を除いては、沖縄唯一の実用鉄道の軌道ではないかと思われます
37kgレールのコンクリート直結軌道で、軌間は1067mmに見えます
DMC-GM1_P1180762.jpg
DMC-GM1_P1180756.jpg
↑南側終点  ↓北側終点
DMC-GM1_P1180748.jpg

門型クレーン
DMC-GM1_P1180759.jpg
養生の終わった桁を仮置きするため、門型クレーンが設置されています

DMC-GM1_P1180735.jpg
北端から仮置き場と門型クレーン用レール

DMC-GM1_P1180736.jpg
クレーン車止

DMC-GM1_P1180741.jpg
クレーン用レールの刻印
→ 37A LD ○S 2015.4
新日鐵住金2015年4月製の37kgレールでした

DMC-GM1_P1180768.jpg
1本だけ仮置きされていたPC軌道桁

水産試験場給餌用軌道

篠ノ井線明科駅から徒歩10分ほどの犀川沿いに
信州サーモンを開発した長野県水産試験場があります
こちらに謎の軌道跡があるというのを軽探団さんで知りまして、やってきました

DMC-GM1_P1130472.jpg
しかし相手は県立の水産試験場、中に入れるのかドキドキでしたが
上記の写真の通り、見学ぜんぜんOKでしたw

DMC-GM1_P1130476.jpg
軌間は実測で520mm、約508mmのトロッコ軌道ではないかと思われます

DMC-GM1_P1130477.jpg
直角カーブの内軌側にはガードレール

DMC-GM1_P1130478.jpg
長い直線

DMC-GM1_P1130480.jpg
クランクを抜けると

DMC-GM1_P1130482.jpg
DMC-GM1_P1130483.jpg
唐突に終点になりました

帰り道は動画で


位置情報(googlemap)

2014年の様子はこちら

帯鋼レール製分岐器

2年連続で川越工業高校の学園祭へとやってきました
分岐器を作ったとあっては見に来なければいけません
川工電鉄のレールは帯鋼で作られているので、
どのように出来上がったのか非常に不安で楽しみでしたが
非常に立派なものが敷設されていました
ガードはクロッシング部だけでなく、リード前半とポイント部にも設置されています
結果としてはリード部全部をカバーするガードがあったほうがよかったかもしれませんね

DMC-GM1_P1120345.jpg
ポイント部のトングレールに関しては帯鋼の薄さを生かしている感じです
転轍機もしっかり作ってあり、転換後は鎖錠もされて取り扱いもしっかりしています

DMC-GM1_P1120304.jpg
クロッシング部拡大
欠線部の構造があいまいな感じですが、バックゲージがしっかりとってあるためか、
通過に関して特に苦労している様子はありませんでした

DMC-GM1_P1120308.jpg
分岐器部のマクラギ端には金具と溶接されたボルトがあり、
下に引いた板厚と、このボルトの回転で高低変位を調節していました

DMC-GM1_P1120307.jpg
車止め代わりのコーン

DMC-GM1_P1120322.jpg
締結装置増し締め

DMC-GM1_P1120346.jpg
軌間の確認
帯鋼の長所は曲線を引きやすい所ですが、
短所は横圧に鋼材自体が負けて残存変位となってしまう可能性があるところでしょうか
分岐器部に関しては軌間確認が多めに行われていました

以下動画とか

メーターゲージトロッコ軌道

琵琶湖から唯一流れ出る瀬田川には、流量をコントロールするための堰が設置されています
普段の堰の動作は電動で行われていますが、
堰の修理や整備時に仮設の堰を運搬するために軌道が設置されています
この軌道が日本国内では大変珍しい軌間1,000mm(実測1,010mm)のメーターゲージとなっています

位置情報(googlemap)

参考リンク
瀬田川洗堰 / 国土交通省近畿地方整備局
水のめぐみ館「アクア琵琶」

DMC-GF2_P1120232.jpg
西岸側終端には車止めが設置されています

DMC-GF2_P1120234.jpg
堰に沿って道路があり、線路を確認する事ができます

DMC-GF2_P1120236.jpg
東岸側で線路はカーブして

DMC-GF2_P1120240.jpg
車庫へと繋がっています

DMC-GF2_P1120228.jpg
堰の全景

洗堰[あらいぜき] fixed dam
取水や水量調整のために水面を塞ぎ上げ、一定水位以上の水は放流する施設で、放流量を調節するための可動装置が備えられていない河川構造物。古くは竹、木、石材で築造したものがほとんどで、堰高も低位であったが、コンクリートを材料とするようになってから堰高が高くなり、現在では堰高10m以下のものを言うようになった。ただし、信濃川大河津分水洗堰、淀川の南郷洗堰のように固有名詞化したものの中には、可動装置を有したものもある

土木用語大辞典より

DMC-GF2_P1120251.jpg
洗堰に隣接する、アクア琵琶で展示されていた模型

以下南郷洗堰

お食事運搬軌道

クロスランドタワーから線路と機関車のようなものが見えたので、隣接するホテルへ見に行きました
見えた機関車は後述しますが、私の琴線には特に触れず(笑)
そしてホテルの裏手に、謎の線路を発見したのです

位置情報(googlemap)

参考リンク
おやべクロスランドホテル

DMC-GM1_P1080913.jpg
従業員のお姉さんにこれはいったい何なのかと聞いてみたところ
奥にあるホテル本館から、手前にある離れの宴会場までお食事を運ぶための線路だという事でした
実際に動くのはもう少し後という話でしたが、突然来たので急いで動画を撮りました(笑)



DMC-GM1_P1080920.jpg
本館側のドア

DMC-GM1_P1080918.jpg
本館~踏切までの線路
なぜかミニ鉄道の線路が落ちています

DMC-GM1_P1080917.jpg
中間に踏切がありました。4種ですw
軌間は実測で400mmでした

DMC-GM1_P1080916.jpg
踏切~離れまでの線路

DMC-GM1_P1080922.jpg
離れのドア
閉まる前に写真撮れました♪
正直、普通のミニ鉄道より興奮してしまう自分がアホらしいですw

川工電鉄
DMC-GM1_P1040199.jpg
いつもお世話になっている軽探団さんのブログで知った川越工業高校の「電車」
ちょうど上京する用事があったので、見に行ってきました
こちらの顔は東武50090系かな

20141111.jpg
反対側は西武6000系でしょうか
車両は専門外なので、間違ってたら言ってくださいw

線路
DMC-GM1_P1040172.jpg
軌間が1067mmとは聞いていたので、線路を見るのを楽しみにしていたのですが
レールは板鋼でした。少し残念
というか、アングル材でもないこの板材の方が取り扱いが難しいような気がします
しかし、学校に線路が引いてあるだけで意義は十分感じます

駅2
DMC-GM1_P1040193.jpg

駅1
DMC-GM1_P1040188.jpg

線路全景
DMC-GM1_P1040170.jpg

車止?
DMC-GM1_P1040209.jpg
川工電鉄の正体は電気科電車班のようです

2種踏切
DMC-GM1_P1040196.jpg
ちゃんと警手もいます
渡り廊下の下で高さが取れないため、
屈折形の遮断桿が使用されていますって妙にマニアックだなぁ(笑)

位置情報(google map)

参考リンク
鉄道少年、ついに電車を作る 「どこでも行けるレベル」 /朝日新聞デジタル

以下動画とか

阪神尼崎駅から、まっすぐ南へ向かって歩いて行くと
いつの間にやら周りは工業地帯
さらに南へ歩いて行くと、狭い線路が道路を横切っていました


DMC-GF2_P1030268.jpg
道路からでも、工場内に延びる線路や車両を確認することができました
ググってみた結果、762mmのナローゲージのようです

DMC-GF2_P1030276.jpg
運良くこの日は機関車が動いていました



DMC-GF2_P1030304.jpg
転轍機は埋め込まれているようですが
どうやって転換してるのかは確認できませんでした

DMC-GF2_P1030280.jpg
現役の工場ナローと、忙しく行き交う機関車
私にとってはとても新鮮な光景でした

位置情報(google map)

参考リンク
住友金属特殊鋼管事業所(尼崎)
濱本ジェネラル 軌道車壁紙ダウンロード
尼崎の工場トロッコ / トロッコ大好き!