脱線分岐器

安中駅にも脱線分岐器があるとtwitterで教えていただきました
高崎方の貨物線の出口に設置されているようです

位置情報(googlemap)

DMC-GM1_P1160327.jpg
まだ暑い時期だったので、ホームからの望遠は陽炎に

DMC-GM1_P1160330.jpg
側道から真横まで近づけたので、用地外から赤い標識を撮ってみました
本当は一脚で高い位置から取ろうと思って近づいたのですが、マウントを家に忘れましたw

DMC-GM1_P1160329.jpg
脱線分岐器のもう少し内側には脱線器も設置されていました
前方の分岐器と双動になっているようですね

DMC-GM1_P1170898.jpg
SL YOGISYA碓氷とトキ25000と東洋亜鉛安中精練所
脱線器

津田沼駅の東京方に旧習志野電車区(現留置線)があり、
その出入口に当たる緩行線の手前に脱線器が設置されています
本来であれば安全側線が設置される所なのでしょうが、
土地の都合でこうなってしまったものかと思われます

DMC-GF2_P1050747.jpg
右側を拡大
脱線器によって脱線した場合は、軌間外に設置された安全側線緊急防護装置を倒す事で
列車防護を行うものと思われます

DMC-GF2_P1050741h.jpg
左側が留置線へ向かう線路
右側が緩行線の本線です

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060138.jpg
車窓から見るとこんな感じ

参考リンク
総武線の配線図 / 通勤電車図鑑
京阪本線 - 守口市

ダイヤモンドクロッシング
DMC-GF2_P1050751.jpg
跨線橋の真下にありました

JSR専用線 発条脱線分岐器

南四日市駅のすぐ南側、踏切から確認することができます
スプリング付きはここだけ?

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1020665.jpg
側道からも見ることができます。赤い四角が脱線分岐器の標識です
セ81号という名前みたいですね

DMC-GM1_P1020653.jpg
関西線の列車から見た位置関係
写真奥が南四日市構内です

参考リンク
四日市周辺の貨物線4 南四日市駅 / 廃線略図.net

続き、2台目

横取レール

ちょっと千葉へ行く用事があったのですが
出発の前の日に軽探団さんのブログ
上総鶴舞の線路がある不思議な建物の写真を見てしまいまして
これはもう見に行きたくなってしまいまして、
そして行ってしまいましたw

五井からディーゼルカーに揺られて上総鶴舞駅で下車
目的の線路はすぐ見つかりました

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060064.jpg
建物側から駅側を見るとこんな風景
1枚目写真手前側の線路は本線から切り離されており
見えているホーム共々現在は使われていないようです

DMC-GF2_P1060069.jpg
横取レールは途中で30kgから6kg、また30kg(目測)へ変わりながらも
継目板は設置されていません

DMC-GF2_P1060063.jpg
建物の中を1枚
上記リンク先のコメントを読ませていただいたところ
この建物は発電所だったようです
現在は保線関係の倉庫となっているようで、
トロや軌道自転車を動かしやすいように横取レールが敷設されているのでしょう

DMC-GF2_P1060070.jpg
線路の繋がる建物を斜めから

脱線器

(2011/12/05修正)
脱線器は信通さんの設備なので、コメントいただけるまで名称を存じませんでした
軌道で使う車輪止めとは、連動か手動かの違いはありますが、
停止中の車両が流転するのを防止するために側線に設けられる設備である点は同じです

脱線器は鉄製、車輪止めには鉄製と木製のものがあります
参考リンク
土木貴重写真コレクション 鉄道 / 土木学会付属図書館
車輪止め / 保線ウィキ
旧相生線 - 北見相生

Panasonic_P1180816.jpg
ちょっと引きで

Panasonic_P1180808.jpg
ちょっと横から

位置情報(googlemap)

手動式横取装置

特急はやとの風は、嘉例川駅でしばらく停車します
皆さん古い駅舎を見に行きますが、
私は前方に見える分岐器のようなものを確認するためにホームの端っこへ
さらにレンズをズームして写真を1枚
プレビューをさらに拡大してみると、横取装置が出てきました

DMC-GF2_P1000962.jpg
横取装置のその横に、部品が積んでありました

DMC-GF2_P1000955.jpg
振り返ってみればはやとの風
普通ならこっち向きが正しいんでしょうけど(笑)

DMC-GF2_P1000957.jpg
外に出る時間が無かったので、
駅舎内で展示されていた古い駅名標とタブレット受け

位置情報(google map)

機械式横取装置

広島から乗った始発のこだま
博多で乗り換えようとデッキに出てみたら、横取装置があったのでとっさにシャッターを切りました

DMC-GF2_P1000826.jpg
乗換えのわずかな時間、ホームの端まで走ってもう1枚
青い横取装置が右側へ平行移動することで、本線と保守用車線がつながります

位置情報(google map)
Googlemapはまだ博多駅が古いので、多分この辺

横取レール

根室標津から、標津線代替バスに乗ってやっと現役の線路に戻って来ました(笑)
駅裏のヤードには、横取レールと軽便トロがいました
いまだに、本線レールにどうやって転線させるのかがわかりません

位置情報(googlemap)

ふるさとの鐘
Panasonic_P1170052.jpg
標茶駅ホーム上にある鐘
外枠は30kgレールで作られています
写真をクリックすると、標津線起点モニュメントとレール刻印の拡大写真になります

釧路駅 湿原の鐘
Panasonic_P1170079.jpg

Panasonic_P1170081.jpg

以下再び標茶駅