1372mm/1067mm三線式軌道

京王れーるランドは思いっきりお子様向けの施設ですので、
あまり期待しないで中に足を踏み入れてみたのですが
展示室の一番奥の奥に、テンションの上がるブツが設置されていました
1372mm/1067mmの三線式軌道は初めて見ました
京王さんの車両工場とかにはもしかしたら敷設されているかもしれませんね

DMC-GM1_P1210348.jpg
わかってますよ、車輪を展示していることは
でも、ちょこっとどかしてもらえないかなぁ(笑)

DMC-GM1_P1210346.jpg

参考リンク
公式HP
1階の③、電車のしくみコーナーに展示されています

位置情報(google map)

鉄道総研その1はこちら

4線軌道+移線装置+3線式分岐器

昨年の平兵衛まつりに行った方のツイートで、
ループ線(試験線軌道)部分も公開になっていたのを見て
非常に悔しい思いをしていたのですが、
今年も公開されている事を期待して思い切って行ってみたところ
無事に今年もループ線部分も公開になっていて、念願の分岐器を見ることができました

こちらの分岐器は、4線軌道を片側に寄せて3線軌道にした後、狭軌だけが分岐しています
移線装置は京急六浦にあるものが有名ですね

異軌間平面交差
DMC-GM1_P1120071.jpg
こちらは3線軌道と狭軌線の交差箇所
3線軌道側が通過する際は、下に置いてある軽レールを載せて乗り越していくようです

DMC-GM1_P1120073.jpg
狭軌側から

DMC-GM1_P1120080.jpg
真横から

3線式外方分岐器
DMC-GM1_P1120072.jpg
半径152.5mの急曲線から標準軌だけが分岐するタイプです

参考リンク
研究所の試験線(PDF) / RRR Vol.71

以下ループ線以外の動画など

4線式トラバーサー

塩浜では標準軌の近鉄線車両だけではなく、狭軌の養老鉄道の車両の検査も行われています
いつも参考にさせていただいている「趣味人Tの伝言」さんで塩浜の工場に4線式トラバーサーがあることを知り
春の一般公開を狙って来てみました
お目当てのトラバーサーはというと、今回は屋台とゆるキャラのイベントコーナーとなっていて
隅に追いやられていました
まぁなんとか写真だけは撮れたので良しとします

位置情報(google map)

第3検修場
DMC-GM1_P1070922.jpg
DMC-GM1_P1070924.jpg
第3検修場とその隣は3線軌道となっていました、
奥のテントは背が低いので、台車だけを仮置きさせておく用の線路なのでしょうか

DMC-GM1_P1070927.jpg
台車仮置き線(?)のレールは50PSでした。
刻印はかすれてよく見えませんでしたが、継目板でわかります(笑)

第1検修場
DMC-GM1_P1070933.jpg
DMC-GM1_P1070931.jpg
DMC-GM1_P1070934.jpg
こちらの線路は4線軌道となっていました
車両中心を合わせるような検査で使用されるのでしょうか
桑名にある養老鉄道の台車振替場の記事はこちらになります

電気検測車「はかるくん」と電動貨車
DMC-GM1_P1070936.jpg
DMC-GM1_P1070937.jpg
保守用車両展示スペースに並んでいた2台
電気貨物関係はそんなに興味無いので、スルーしようとしたところ
貨車の荷台にレールが、しかもここも4線になっています

DMC-GM1_P1070938.jpg
写真のように狭軌台車は振替場で外して、でも検査はここでやるので一緒に持って来るみたいですね
思っても見ないところで4線軌道を発見してうれしくなりました(笑)

つづきは保守用車両と古レール

6線軌道

工業用バッテリー式機関車(バテロコ)の製造を行っているこちらの会社に
テスト用軌道があるということで見に来ました
外から見ることができるか心配していたのですが、
社屋とテストコースの間に公道が通っていたので無事に見ることができました
480(外フランジ),508,610,762,914,1067,1435mmの機関車の走行に対応しているそうで
奥の勾配は50‰となっています

位置情報(google map)

参考リンク
テストコースが完成致しました。 / 公式HP

DMC-GM1_P1050518.jpg
併用軌道と専用軌道

DMC-GM1_P1050521.jpg
終点
各軌間は多分こんな感じじゃないかなと思います
間違っていたらすいません

DMC-GM1_P1050523.jpg
走行テスト中は車両進入禁止です

DMC-GF2_P1080118.jpg
宇都宮でレンタカーを借りて目指すは那珂川町
入口の看板に立入禁止、撮影禁止の看板があって多少怯みますが
思い切って中へ。受付の窓口には誰もいませんでしたが、
事務室の方に係員の方がいらっしゃったので、受付と協力金をお支払い
撮影もご自由にどうぞと言っていただけたのでお言葉に甘えることにします。
車両的にとても貴重な物がたくさん保管されていますが、私の目的はあくまで線路です。

4種ゲージ軌道
DMC-GF2_P1080159.jpg
門を入っていきなり出迎えてくれるのがこの線路
左から1067mm(3.5フィート=42インチ)と762mm(30インチ)の3線軌道、
真ん中が610mm(24インチ)、右に127mm(5インチ)×2
一ヶ所にこんなに異軌間の線路が揃っているところがあるでしょうか

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1080125.jpg
ループになっている線路ですが、この西側の分岐器手前で762mmが終わっています

DMC-GF2_P1080127.jpg
分岐器材料などがたくさん積んであります

DMC-GF2_P1080128.jpg
5インチゲージの分岐器

DMC-GF2_P1080134.jpg
610mm軌道の30kgレールと継目板
継目板は刻印からトピー工業製かと思われます

DMC-GF2_P1080135.jpg
30kgレールの刻印、いろいろ確認しましたが、読めたのはこれだけ
30 ○S 1934
1934年(月不明瞭のため確認できず)、日本製鉄製の30kgレールです

以下東側車両保存ゾーンの線路

4線軌道

宮ヶ瀬ダムを北上して青梅鉄道公園へやって来ました。
小学生の頃から行こう行こうと思っていながら、三十路を半ば超えてからの初訪問です
ミニSL辨慶号は故障中でお休みでしたが、線路は1067mmと358mm(≒14インチ)の4線軌道
更に内側にL字鋼の脱線防止ガードと中央には第3軌条?もあってとても賑やかです。

DMC-GF2_P1080781.jpg
起点(終点?)にはタイヤの車止

位置情報(googlemap)

参考リンク
青梅鉄道公園 / 公益財団法人東日本鉄道文化財団
青梅鉄道公園 弁慶号 / アヒル総統の青梅バンザイ!
青梅鉄道公園のミニSL『弁慶号』を撮影♪ / 20年振りに撮鉄再開

秋田・大曲間の三線軌道
とっくの昔に取り上げていたつもりがまだでした
この区間は単線並列となっており、
北側の線路(標準軌)を秋田新幹線と田沢湖線の普通列車が走り
南側の線路(狭軌)を奥羽本線の列車が走り、途中から田沢湖線普通列車が走るために
標準軌と狭軌の三線軌道となります。
更にいろいろな三線式分岐器を堪能することができます。

峰吉川~刈和野間

秋田~峰吉川間は狭軌のみの線路ですが、峰吉川駅の大曲方で標準軌の線路が合流してきます

位置情報(googlemap)

刈和野構内
DMC-GF2_P1070963.jpg
刈和野駅秋田方の分岐器
手前も奥も三線軌道から狭軌の線路のみが分岐する分岐器ですが
分岐する方向によってクロッシングの複雑さが変わります
ちなみに奥の分岐した線路は安全側線になっています

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1070968.jpg
刈和野駅大曲方の分岐器
狭軌の線路が戻ってくるだけで標準軌のレールには何もありません

位置情報(googlemap)

神宮寺構内
DMC-GF2_P1070991.jpg
神宮寺駅秋田方の分岐器
狭軌の線路のみが分岐する分岐器は刈和野と同じですが、
今回は開通方向が異なっています

位置情報(googlemap)

神宮寺~大曲間
DMC-GF2_P1080009.jpg
三線軌から標準軌の線路だけがお別れです

大曲構内
DMC-GF2_P1080016.jpg
三線軌道から標準軌の線路だけが分岐するタイプの分岐器です

位置情報(googlemap)

参考リンク
2009三線軌の分岐器 / 懐かしい駅の風景~線路配線図とともに
◆配線図◆秋田新幹線こまち / mixi 鉄道線路配線図が好き

以下三線軌道その他

逗子線の三線軌道
その1 神武寺~金沢八景
その2 金沢八景~東急車輛(外)
その3 六浦の移線装置
その4 東急車輛(中)


金沢八景まで5201に会いに行った訳ですが
実はもう一つ見たい物があった訳で

三線式軌道分岐器
DMC-GF2_P1050678.jpg
それが普段は撮影禁止の工場内にある三線式分岐です
僕的には奥の車両とかはどうでもよいのですが
なかなかこのアングルを撮るのに人が切れずに苦労しました(笑)

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1050675.jpg
左へ分岐した先の線路
三線軌道で併用軌道です

DMC-GF2_P1050680.jpg
これは工場のすぐ外にある分岐器
こちらの記事でも写真を撮りましたが、
門の内側からもう少し引きで撮れました