帽子型分岐器

GWに岡山へ行ったのですが、帰ってきた後でこちらの帽子型分岐器の情報をいただきまして
いろいろ都合をつけて3週間ぶりに再び岡山へ

帽子型分岐器は閉館してしまった交通科学博物館に保存されていましたが
京都の新しい鉄道博物館で再展示されるかどうかは不明です
こちらは保線区の片隅とはいえ、一般道から見える場所で
現役として設置されている事が素晴らしいの一言です

位置情報(googlemap)

DMC-GM1_P1090114.jpg
帽子型分岐器は、山高帽のような断面のレールを切削したトングレールを使用した分岐器です
普通レールのような腹部の凹みがないのがわかるでしょうか

DMC-GM1_P1090120.jpg
手動転轍機の数字を信じれば、こちらは35号分岐器のようです
ちなみにS=23は分岐器先端部にスラックが23mm設定されているという事です

DMC-GM1_P1090119.jpg
奥の方が岡山駅方面です
併用軌道内方分岐器

溝付きレール区間に設置された内方分岐器
非密着側トングレールの背面が溝付きレールと同じように
車輪フランジ背面の誘導をするそうです
メーカーはドイツのHanning & Kahl 製のようです

位置情報(google map)

高岡駅
DMC-GM1_P1010070.jpg
JR高岡駅構内?まで延伸した新しい駅です
基本的に午前中が1,2番線、午後は3番線を使用しています
左側の開口部はシャッターがあり、冬は閉める予定なのだそうです

DMC-GM1_P1010071.jpg
PCマクラギから併用軌道部へ
最急曲線半径は23mということです

DMC-GM1_P1010073.jpg
手前が50Nレール、中継レールを挟んで併用軌道内は溝付きレールです

DMC-GM1_P1010074.jpg
峰製作所さん施工のゴールドサミット溶接(MGS)

RAWIE製可動式2種車止
DMC-GM1_P1010076.jpg

DMC-GM1_P1010078.jpg
真後ろから見ることができます

以下動画とか

振分分岐器

延岡からバスで1時間半
廃線跡を横目に高千穂までやってきました。
現役時代に来れなかったのが残念でなりません
駅の真上を横断する道路から、まずは真下の分岐器を1枚

DMC-GF2_P1100787.jpg
ホーム、駅舎と検修庫方面

DMC-GF2_P1100786.jpg
延岡方面

DMC-GF2_P1100795.jpg
検修庫内に貼ってあった停車場平面図
写真をクリックすると拡大します

DMC-GF2_P1100798.jpg
車庫の終わりと倒れかけの車止標識

DMC-GF2_P1100803.jpg
構内にあった50kmポスト

参考リンク
高千穂あまてらす鉄道(公式)

次世代分岐器(内方・外方)

池袋駅の北端
R=600の曲線中に分岐器が設置されています
外回りが外方分岐器、内周りが内方分岐器になっています

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1070024.jpg
左側の外方分岐器を拡大
リード部にもガードレールが設置されています

DMC-GF2_P1070027.jpg
ポイント部には次世代分岐器の目印、横向きの白い転轍機
外見からでは
弾性トングレール、ベアリング床板、グリッドまくらぎ、線ばね等が確認できます

参考リンク
分岐器・転てつ機システムの革新―次世代分岐器・転てつ機の開発―(PDF) / JR東日本

ノーズ可動式分岐器渡り線
DMC-GF2_P1060174.jpg
リクエストで行ってない場所を希望されて困ってしまったのですが
ネタの提供はありがたいので行ってみました
調布駅前後の地下化工事に合わせた形で
相模原線の調布駅京王多摩川方に、新しくノーズ可動分岐を使った渡り線が新設されるようです
メーカーの人から教えていただいたところによると、
このタイプのノーズ可動分岐器は京王線にしか無いそうです。
ポイント部とEJがぶつかりそうですが、
奥に見えるEJを新設しておいてから手前のEJを撤去するのでしょうか
参考リンク先によれば、この渡り線は地下化後の
相模原線調布折り返しに使われるのではないかということらしいです

参考リンク
京王線調布駅地下化工事(2012年4月7日取材) / Reports for the future ~未来へのレポート~

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060176.jpg
クロッシング部を拡大
絶縁継目板はFRP製の物が使われています
まだ転轍機は設置されていないようですが、可動クロッシングの鎖錠ってどうやるのでしょう?

以下地下化で無くなる平面交差

交通科学博物館の古レール

帽子型分岐器

写真をクリックするとクロッシング側からになります

昭和初期に大正14年形分岐器を改良して設計された分岐器です
使用されているトングレールが帽子型レールから切削加工されているのが大きな特徴です

DMC-GF2_P1050329.jpg
奥側のトングレールの腹部が普通レールと違い凹んでいないのがわかるでしょうか

DMC-GF2_P1020966.jpg
いろいろなレールの断面形状
上段右から2番目が帽子型レールです

位置情報(googlemap)

参考リンク
帽子形分岐器 / 保線ウィキ
JR西日本 - 岡山保線区岡山管理室

旧国鉄宮原線 - 肥後小国駅跡
DMC-GF2_P1010420.jpg
阿蘇から豊後森へバスで抜けるため、途中のゆうステーションで乗り継ぎです
肥後小国駅の跡には道の駅ができましたが、その一角に分岐器が保存されていました
レールの刻印は読めませんでしたが、30kgの大正14年型両開分岐器のようです
転轍機はさびていて、半分までしか動きませんでした

DMC-GF2_P1010423.jpg

DMC-GF2_P1010424.jpg

DMC-GF2_P1010433.jpg

位置情報(google map)

参考リンク
肥後小国駅
道の駅小国 / wikipedia

大正14年形分岐器

白ガエルが乗っかっていた分岐器
よく見てみたら大正14年形でした

位置情報(google map)

DMC-GF2_P1020272.jpg
別の分岐器のトングレール
刻印がきれいに残っていました
60-A.S. B.S.CO. STEELTON. |||||||| 1920. [継目板
1920年8月 アメリカ ベスレヘム製鉄会社スチールトン製のレールのようです

参考リンク
スチールトン(B.S.CO. STEELTON)/ 古レールのページ