子午線 - 1993
DMC-GM1_P1040287.jpg
線路上にある何か、それが何かはわからないのですが
それが美術作品という事なのでしょう
私はそれが何であろうが線路であれば見に行くだけです

DMC-GM1_P1040291.jpg
軌間を実測しましたが、きちんと1067mmでした

DMC-GM1_P1040294.jpg
解説表示がありました。よかった(笑)
DMC-GM1_P1040296.jpg
子午線-1993
Drawing Sculpture, The Median
サトル・タカダ
線路上の台車から突き出たクレーン。現代の躍動感とスピード感が伝わってきます。でもよく見るとこの機械、大地に弧を描くためだけの何ともユーモラスなもの。まるで太古の人々が子午線の祭りを祝う舞台のようです。


DMC-GM1_P1040297.jpg
作品は他にもありますが、私は線路を見に来たので

位置情報(google map)

以下、子午線を1周しました

武蔵野操車場記念モニュメント
DMC-GM1_P1210426.jpg
武蔵野線吉川美南駅西口を出て線路沿いを北西方面に進んだところに、
近所の子供たちで賑わう公園があります
公園中央の築山は、ここが旧武蔵野操車場であったことを示すハンプを模しています
頂上のコンクリートブロックは制走堤をイメージしており、
埋め込まれた車輪から一対のレールが伸びています。軌間は1067mmでした

DMC-GM1_P1210427.jpg
本当にお子様たちで賑わっていて、
写真が撮れるまで30分ほど公園の隅で待っていました。完全に不審者ですねw

DMC-GM1_P1210434.jpg
制走堤のようなもの。中にも入れるし、上にも登れます

DMC-GM1_P1210419.jpg
制走堤のようなものに貼られたプレート。
ずいぶんと汚されてしまっていますが、解読すると以下のような文面になるかと思われます

昔ここは国鉄の武蔵野操車場でした

公園の築山とその一帯は、操車場の「ハンプ」施設をイメージしています。
「ハンプ」は高低差を利用して貨車を転走させるための人工の丘です。
転走した貨車は各行先別の線路に送られ、連結のうえ列車に編成されました。

「制走堤」は車両の暴走を止める施設です。
このオブジェは操車場線路の終端にある第4種車止め(制走堤)を模したものです。


DMC-GM1_P1210415.jpg
公園の案内
「オブジェ」と呼ばれているそうです。

位置情報(googlemap)

軌間変換装置

2008年のGWに来た際は、この場所にあった装置は取り外されていたのですが
8年振りに再び訪れてみた所、当時の本線があった場所に移設されていました
この2枚の写真は、前回の記事の写真とほぼ同じアングルのものです
装置自体が隣にお引越ししたのがわかると思います

DMC-GM1_P1150371.jpg
という事で今回は、装置をじっくり見学する事ができました

参考リンク
鹿児島本線 - 新八代
鉄道博物館の軌間可変軌道模型

1500形緩衝桁軌道伸縮装置
DMC-GM1_P1080520.jpg
吊橋構造の瀬戸大橋では、列車の走行に伴って桁や軌道に大きな変位が生じてしまうため
特殊な伸縮装置を用いて変位を吸収し、列車を安全に運行させています
±750mm伸縮可能なことから1500型という名前が付いたそうです
内容については鉄道総研の資料が詳しいのでご覧いただければと思います

鉄道吊橋と緩衝桁軌道伸縮装置(PDF) / RRR2008.10鉄道総合研究所
WORKS / 峰製作所

DMC-GM1_P1080531.jpg
少し引きの写真


もう少し引きの写真
伸縮装置の場所は基本橋脚の場所なので、晴れていても暗かったです
そのためなかなか写真を撮ろうと思っても理想通りの写真が撮れず、
最初に挑戦してから7年、4度目でやっと満足できる写真が撮れました(笑)

参考リンク
横から見た伸縮装置 / @yu8910


鉄道道路共用トンネル

羽越本線五十川(いらがわ)駅の鶴岡方東側にあるトンネルは複線断面ながら
新潟方面行きの列車だけが単線で通り、
空いたスペースに1車線分ですが道路が設置されています

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1000868.jpg
現役で鉄道と道路が同じ断面を共有しているトンネルは日本ではここだけしかないかと思われます
廃止区間では、田浦の連続平面直角交差の奥に併用軌道のトンネル区間がありました
参考リンク
線路巡礼1993:田浦専用線 / 線路巡礼♪

DMC-GM1_P1000872.jpg
反対側から

DMC-GM1_P1000870.jpg
道路部分。すれ違いは無理そうです
鉄骨は古レールではありませんでした(笑)

DMC-GM1_P1000871.jpg
列車待避用のマンホール

DMC-GM1_P1000865.jpg
銘板の内容
五十川トンネル(竣工時は「新」がなかったようです)
形式 複線交流型
延長 55M00
設計 信濃川工事局
施工 株式会社間組
着手 昭和48年12月
竣工 昭和50年7月

余部橋梁 その1

エクストラドーズドPC橋りょう

掛け替え後初めて餘部へやって来ました。
鉄橋時代は通過だけで降りた事が無かったことが悔やまれます。

P1130992.jpg
お立ち台からは橋と日本海を一望することができました。



余部鉄橋 空の駅
P1130986.jpg


P1130996.jpg
旧鉄橋の一部は空の駅として保存、公開されています。

P1130974.jpg
展望部分は歩きやすくレールが埋め込まれています

P1130975.jpg
フェンスで区切られた先に、橋マクラギとレールがそのまま残されていました
E型タイプレート締結のようですね

P1130978.jpg
途切れたレールとトンネル

P1130982.jpg

位置情報(google map)

以下 下部構造

廃線跡遊歩道
DMC-GF2_P1110359.jpg
中央東線勝沼ぶどう郷駅の東京方に
廃線跡のトンネルがそのまま遊歩道として残されています
前から行きたいとは思っていたのですが、
漏水による補強工事のため閉鎖されていたため未訪でした。
25年4月にその工事も終わり、
通行が再開されたということで行ってみることにしました。

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1110418.jpg
勝沼ぶどう郷側入口
左の2本は現役の新トンネルです

DMC-GF2_P1110268.jpg
駅方向はこんな風景です

DMC-GF2_P1110272.jpg
トンネルは線路両側が舗装されている他はほぼ現役当時のままになっています

DMC-GF2_P1110266.jpg
写真をクリックすると拡大します

トンネル説明板

DMC-GF2_P1110267.jpg
トンネル利用案内

DMC-GF2_P1110271.jpg
門扉の裏に隠れていた標準歩行時分表示板

DMC-GF2_P1110371.jpg
東京方出口
こちらにも駐車場があります。

DMC-GF2_P1110376.jpg
橋の上の線路上の物はタイルです



以下トンネル内部

跳開式可動鉄道橋梁

2回目の訪問ですが、前回は閉まりっぱなしだったので
今回初めて開いている姿を見ることができました。

DMC-GF2_P1090778.jpg

DMC-GF2_P1090771.jpg




更に動く所も見ることができて、大満足でした♪

参考リンク
JR貨物四日市港線 - 末広橋梁