余部橋梁 その1

エクストラドーズドPC橋りょう

掛け替え後初めて餘部へやって来ました。
鉄橋時代は通過だけで降りた事が無かったことが悔やまれます。

P1130992.jpg
お立ち台からは橋と日本海を一望することができました。



余部鉄橋 空の駅
P1130986.jpg


P1130996.jpg
旧鉄橋の一部は空の駅として保存、公開されています。

P1130974.jpg
展望部分は歩きやすくレールが埋め込まれています

P1130975.jpg
フェンスで区切られた先に、橋マクラギとレールがそのまま残されていました
E型タイプレート締結のようですね

P1130978.jpg
途切れたレールとトンネル

P1130982.jpg

位置情報(google map)

以下 下部構造

廃線跡遊歩道
DMC-GF2_P1110359.jpg
中央東線勝沼ぶどう郷駅の東京方に
廃線跡のトンネルがそのまま遊歩道として残されています
前から行きたいとは思っていたのですが、
漏水による補強工事のため閉鎖されていたため未訪でした。
25年4月にその工事も終わり、
通行が再開されたということで行ってみることにしました。

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1110418.jpg
勝沼ぶどう郷側入口
左の2本は現役の新トンネルです

DMC-GF2_P1110268.jpg
駅方向はこんな風景です

DMC-GF2_P1110272.jpg
トンネルは線路両側が舗装されている他はほぼ現役当時のままになっています

DMC-GF2_P1110266.jpg
写真をクリックすると拡大します

トンネル説明板

DMC-GF2_P1110267.jpg
トンネル利用案内

DMC-GF2_P1110271.jpg
門扉の裏に隠れていた標準歩行時分表示板

DMC-GF2_P1110371.jpg
東京方出口
こちらにも駐車場があります。

DMC-GF2_P1110376.jpg
橋の上の線路上の物はタイルです



以下トンネル内部

跳開式可動鉄道橋梁

2回目の訪問ですが、前回は閉まりっぱなしだったので
今回初めて開いている姿を見ることができました。

DMC-GF2_P1090778.jpg

DMC-GF2_P1090771.jpg




更に動く所も見ることができて、大満足でした♪

参考リンク
JR貨物四日市港線 - 末広橋梁


10月20日に多摩都市モノレールで車両基地見学会があるということだったので
行ってみることにしました。

DMC-GF2_P1080519.jpg
高松駅で降りて上を見上げると見事なデルタ線が

DMC-GF2_P1080461.jpg
本社を囲む出入庫線

DMC-GF2_P1080464-1.jpg
分岐器転換見学の場所に展示されていた運営基地の配線図
71Pが見たくて来たんだけど…俯瞰できそうな場所が無い

DMC-GF2_P1080465.jpg
多摩モノにある分岐器の種類
だから5差分岐を見に来たんですけど…
係のお兄さんに聞いてみたけど、やっぱり見える所はないそうです。残念

78P分岐器
DMC-GF2_P1080468.jpg
跨座式モノレール用2差分岐器

転換動画はこちら


DMC-GF2_P1080470.jpg
桁は鉄製のレール上を動いていました
リニアの分岐器に似ていますね

位置情報(googlemap)

以下車止、トラバーサー、保守用工作車

宇高連絡船鉄道レールモニュメント
DMC-GF2_P1060668.jpg
高松駅(現さぬき高松うどん駅)を出て左手に高松港旅客ターミナルビルがありますが
その建物を連絡船に見立ててレールが敷設されています

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060670.jpg
分岐器っぽい部分は本当に分岐器っぽくしているだけのアレです

DMC-GF2_P1060671.jpg
右のレールは池の中へ

DMC-GF2_P1060672.jpg
左のレールは高松駅方向へ向かいつつ、途切れてしまいます

DMC-GF2_P1060673.jpg
左のレール側から建物を見るとこんな感じ
自動ドアには機関車が描かれています

DMC-GF2_P1060674.jpg
モニュメントの案内看板

DMC-GF2_P1060675.jpg
建物の中のレール。なぜに長さが違うのでしょう?

参考リンク
宇高連絡船の名残。(上)/ 編集長敬白

貨車と線路

京葉臨海鉄道創立50周年記念として、
千葉貨物駅でイベントが開催されました
千葉貨物駅と言えば現役で唯一のカーリターダがある駅です
これは行かねばなりません

参考リンク
京葉臨海鉄道創立50周年記念イベント(PDF)

中門
DMC-GF2_P1060137.jpg

DMC-GF2_P1060121.jpg

DMC-GF2_P1060128.jpg
目の前には広がる線路とタンク車
なにか珍しい物もあったようですが守備範囲外です(笑)

早速カーリターダを探してみるものの見当たらず、
近くの係の方に聞いてみると「今回の公開範囲外」というつれない答え
しかし「8月の公開範囲には入ってるよ」とのこと
ということで、もう1回来ることに決定です(笑)

転車台跡

小湊鉄道から上総中野でいすみ鉄道に乗り換えて
大多喜駅で下車
城下町をしばらく歩いて、とあるビルの裏側に小さな転車台のピットが残っていました

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060115.jpg
転車台って言われなければ干上がった池にも見えます(笑)

DMC-GF2_P1060114.jpg
奥の建物は車庫の跡なんだそうです

写真では分かりませんが結構な雨が降って来たので
名残を惜しみながらこの場所を後にしました

参考リンク
夷隅軌道の転車台。 / 編集長敬白アーカイブ
大多喜の宝物 / うえるかむ大多喜
鉄初め2012 / 鉄道と模型の雑記帳

富山地鉄旧射水線のバス専用道を通る区間が
平成24年3月末で廃止されてしまうということで見に行ってきました
お天気に恵まれず写真がだいぶ暗いですがご了承ください

バス専用道入口
DMC-GF2_P1050959.jpg
写真をクリックすると反対側の画像が見られます

専用道は新港東口から富山駅方面への一方通行です
一番北側の専用道入口ですが、踏切の遮断機の竿はもうありませんでした

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1050962.jpg
運転手さんが道路横に設置されている車上扱いてこを取り扱うと

DMC-GF2_P1050963.jpg
信号が緑の矢印になります

一般道交差点
DMC-GF2_P1050933.jpg
写真をクリックすると反対側の画像が見られます

専用道は中間で一般道と踏切で交差します
こちらはちゃんと遮断機があります
鉄道の現役時代とは踏切の遮断方向が逆になっていますね

位置情報(googlemap)

バス専用道終点
DMC-GF2_P1050931.jpg
写真をクリックすると反対側の画像が見られます

専用道はここで終わり
昔は北陸本線を超える跨線橋などもあったそうですが
新幹線の工事のため短くなってしまったそうです

位置情報(googlemap)


途中には交換所のような所もありました
現在は一方通行ですが、昔は双方向で走っていたのでしょうか

H24.04.02追記
この場所は、専用道の下に下水道を通す工事の際に掘られた
縦坑による迂回路なのだそうです
コメントにてご教示いただきました。ありがとうございます



参考リンク
富山地鉄バス専用道 / ターンアウトスイッチ
富山地方鉄道専用道路 / ほどちゃんの写真館
富山市のバス専用道路 / 名古屋・広隆堂ブログ
さよなら八ヶ山 地鉄射水線跡バス専用道 / 台車近影

2012.03.25 (Sun) 23:01 CM2. TB0.
[ 趣味・実用 : 鉄道 ] [ 分類 : 普通鉄道 踏切 ]
[ タグ : 踏切レールその他設備動画 ]