脱線分岐器

安中駅にも脱線分岐器があるとtwitterで教えていただきました
高崎方の貨物線の出口に設置されているようです

位置情報(googlemap)

DMC-GM1_P1160327.jpg
まだ暑い時期だったので、ホームからの望遠は陽炎に

DMC-GM1_P1160330.jpg
側道から真横まで近づけたので、用地外から赤い標識を撮ってみました
本当は一脚で高い位置から取ろうと思って近づいたのですが、マウントを家に忘れましたw

DMC-GM1_P1160329.jpg
脱線分岐器のもう少し内側には脱線器も設置されていました
前方の分岐器と双動になっているようですね

DMC-GM1_P1170898.jpg
SL YOGISYA碓氷とトキ25000と東洋亜鉛安中精練所
脱線器

津田沼駅の東京方に旧習志野電車区(現留置線)があり、
その出入口に当たる緩行線の手前に脱線器が設置されています
本来であれば安全側線が設置される所なのでしょうが、
土地の都合でこうなってしまったものかと思われます

DMC-GF2_P1050747.jpg
右側を拡大
脱線器によって脱線した場合は、軌間外に設置された安全側線緊急防護装置を倒す事で
列車防護を行うものと思われます

DMC-GF2_P1050741h.jpg
左側が留置線へ向かう線路
右側が緩行線の本線です

位置情報(googlemap)

DMC-GF2_P1060138.jpg
車窓から見るとこんな感じ

参考リンク
総武線の配線図 / 通勤電車図鑑
京阪本線 - 守口市

ダイヤモンドクロッシング
DMC-GF2_P1050751.jpg
跨線橋の真下にありました

JSR専用線 発条脱線分岐器

南四日市駅のすぐ南側、踏切から確認することができます
スプリング付きはここだけ?

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1020665.jpg
側道からも見ることができます。赤い四角が脱線分岐器の標識です
セ81号という名前みたいですね

DMC-GM1_P1020653.jpg
関西線の列車から見た位置関係
写真奥が南四日市構内です

参考リンク
四日市周辺の貨物線4 南四日市駅 / 廃線略図.net

続き、2台目

脱線器

(2011/12/05修正)
脱線器は信通さんの設備なので、コメントいただけるまで名称を存じませんでした
軌道で使う車輪止めとは、連動か手動かの違いはありますが、
停止中の車両が流転するのを防止するために側線に設けられる設備である点は同じです

脱線器は鉄製、車輪止めには鉄製と木製のものがあります
参考リンク
土木貴重写真コレクション 鉄道 / 土木学会付属図書館
車輪止め / 保線ウィキ
旧相生線 - 北見相生

Panasonic_P1180816.jpg
ちょっと引きで

Panasonic_P1180808.jpg
ちょっと横から

位置情報(googlemap)

ダブルスリップスイッチ(DSS)×2
DMC-GF2_P1030223.jpg

DMC-GF2_P1030225.jpg
飾磨駅から姫路に向って電車は直角に近い曲がり方をしますが
その直線方向の奥にシーサスとDSSが2台仲良く並んでいます

前から何度も何度も写真を撮ろうと思っていたのですが
前述の通り電車が思いっきりカーブをする区間なので、毎回失敗
今回やっと使えそうな写真が取れました

位置情報(google map)

ナローゲージ脱線分岐器

ご存じ野辺山駅近くのJR最高点から、国道の方へちょっと歩いたところにSLが走っています
国道は線路より高台なので、もしかしたらここの線路が日本で一番高いところかもしれません
そんな周回線路から、車庫への分岐線。車庫の入口に脱線分岐器がありました
762mmのナローゲージですが、近所にはその5倍以上広い特殊広軌の線路もありますよ

位置情報(google map)

参考リンク
野辺山SLランド(冬期は休業)

Panasonic_P1050035.jpg
脱線防止レールと踏切ガードが共用になっています
ガードレールの詳しい話はこちらからどうぞ

脱線分岐器 201号ロ


工場内の三線軌と三線式分岐器も見ることができたし
あとは兵庫駅へ戻ろうかと和田岬線沿いを歩いていると、
和田岬線から川崎重工専用線への分岐器を発見しました
マクラギにJR貨物の文字がありますが、
専用線の管理を貨物に外注しているのでしょうか?

位置情報(googlemap)

川崎重工兵庫工場 その1(三線軌+三線式分岐器)