DMC-GM1_P1340500_2018-06-09.jpg
十分站東側の線路では、願い事を書いたランタンを飛ばすアクティビティが人気です

DMC-GM1_P1340501_2018-06-09.jpg
列車は1時間に1本なので、その間は線路に人も犬もあふれています

DMC-GM1_P1340499_2018-06-09.jpg
駅構内も割とフリーダムです
係員の方がいるのは列車の時間が近いためで、来ない時間帯はいません

DMC-GM1_P1340502_2018-06-09.jpg
直線だけどなぜか相互式継目
歩きやすいようにバラストが盛られていますね

DMC-GM1_P1340504_2018-06-09.jpg
もちろん、原則として線路に入ってはいけないことになっています(笑)





ダブルスリップスイッチ(DSS)

台北駅の第三月台Aの台中方に設置されているDSS
地下区間なので全然見えなかったのですが
列車の明かりで確認することができました
DMC-GM1_P1340377_2018-06-09.jpg

位置情報(google map)

DMC-GM1_P1340351_2018-06-09.jpg
台北駅の線路
締結装置は捷運がフォスロなのに対してこちらはパンドロールですね
ただインシュレーター(絶縁材)が無いのが不思議です
軌道回路使ってないのでしょうか?

ダブルスリップスイッチ(DSS)×2

光明池車庫の入口にある双子のDSS
前から存在は知っていたものの、車庫の中で半分あきらめ入っていましたが
撮り鉄の友人が車内から撮った写真にバッチリ写っていたのを見て
チャレンジすることにしました

P1280069.jpg
そんな訳で都合2往復、チャンス4回の内、ベストの2枚が上記の写真です
1乗車ごとに改札抜けては逆戻りなので、駅員さんには不審者に映ったことでしょう(笑)

P1280057.jpg
左側のDSSと保守車両
旅客車両だけではなく、保守用車の基地にもなっているようですね

P1280077.jpg
こちらが本線から車庫への入口です

位置情報(google map)

以下他に気になったもの

子午線 - 1993
DMC-GM1_P1040287.jpg
線路上にある何か、それが何かはわからないのですが
それが美術作品という事なのでしょう
私はそれが何であろうが線路であれば見に行くだけです

DMC-GM1_P1040291.jpg
軌間を実測しましたが、きちんと1067mmでした

DMC-GM1_P1040294.jpg
解説表示がありました。よかった(笑)
DMC-GM1_P1040296.jpg
子午線-1993
Drawing Sculpture, The Median
サトル・タカダ
線路上の台車から突き出たクレーン。現代の躍動感とスピード感が伝わってきます。でもよく見るとこの機械、大地に弧を描くためだけの何ともユーモラスなもの。まるで太古の人々が子午線の祭りを祝う舞台のようです。


DMC-GM1_P1040297.jpg
作品は他にもありますが、私は線路を見に来たので

位置情報(google map)

以下、子午線を1周しました

1372mm/1067mm三線式軌道

京王れーるランドは思いっきりお子様向けの施設ですので、
あまり期待しないで中に足を踏み入れてみたのですが
展示室の一番奥の奥に、テンションの上がるブツが設置されていました
1372mm/1067mmの三線式軌道は初めて見ました
京王さんの車両工場とかにはもしかしたら敷設されているかもしれませんね

DMC-GM1_P1210348.jpg
わかってますよ、車輪を展示していることは
でも、ちょこっとどかしてもらえないかなぁ(笑)

DMC-GM1_P1210346.jpg

参考リンク
公式HP
1階の③、電車のしくみコーナーに展示されています

位置情報(google map)

建設中転車台
DMC-GM1_P1210662.jpg
東武鉄道で進んでいるSL復活プロジェクト
その計画の一つとして、下今市駅と鬼怒川温泉駅に転車台が設置されるそうです
しかも新設ではなく、下今市には長門市駅に設置されていた上路式転車台
鬼怒川温泉には三次駅に設置されていた下路式転車台が移設される予定です
下今市駅のホームからは、建設中の転車台ピットと扇形車庫が見えました

位置情報(googlemap)

DMC-GM1_P1210673.jpg
駅を出て裏へ回ってみたところ、転車台と車庫の間は一般道だったため
すぐ近くまで近づくことができました

DMC-GM1_P1210668.jpg
SL用だけあって、高さもありますね

鬼怒川温泉駅
DMC-GM1_P1210698.jpg
鬼怒川温泉の転車台は、駅前広場の一角をつぶして設置されるようです

位置情報(googlemap)

DMC-GM1_P1210703.jpg
建設現場はフェンスで囲まれていますが、
曲がり角には衝突防止用の透明なパネルが設置されているので、
中を確認することができます

DMC-GM1_P1210694.jpg
駅中のレストランのショーケース内に、完成予想の模型が提示されていました
単純に方向転換だけの用途なので、接続する線路は通しの2本だけだと思います(笑)

参考リンク
東武鉄道SL復活運転プロジェクト 運転・車両・施設計画
山陰本線 - 長門市
芸備線 - 三次

脱線分岐器

安中駅にも脱線分岐器があるとtwitterで教えていただきました
高崎方の貨物線の出口に設置されているようです

位置情報(googlemap)

DMC-GM1_P1160327.jpg
まだ暑い時期だったので、ホームからの望遠は陽炎に

DMC-GM1_P1160330.jpg
側道から真横まで近づけたので、用地外から赤い標識を撮ってみました
本当は一脚で高い位置から取ろうと思って近づいたのですが、マウントを家に忘れましたw

DMC-GM1_P1160329.jpg
脱線分岐器のもう少し内側には脱線器も設置されていました
前方の分岐器と双動になっているようですね

DMC-GM1_P1170898.jpg
SL YOGISYA碓氷とトキ25000と東洋亜鉛安中精練所
武蔵野操車場記念モニュメント
DMC-GM1_P1210426.jpg
武蔵野線吉川美南駅西口を出て線路沿いを北西方面に進んだところに、
近所の子供たちで賑わう公園があります
公園中央の築山は、ここが旧武蔵野操車場であったことを示すハンプを模しています
頂上のコンクリートブロックは制走堤をイメージしており、
埋め込まれた車輪から一対のレールが伸びています。軌間は1067mmでした

DMC-GM1_P1210427.jpg
本当にお子様たちで賑わっていて、
写真が撮れるまで30分ほど公園の隅で待っていました。完全に不審者ですねw

DMC-GM1_P1210434.jpg
制走堤のようなもの。中にも入れるし、上にも登れます

DMC-GM1_P1210419.jpg
制走堤のようなものに貼られたプレート。
ずいぶんと汚されてしまっていますが、解読すると以下のような文面になるかと思われます

昔ここは国鉄の武蔵野操車場でした

公園の築山とその一帯は、操車場の「ハンプ」施設をイメージしています。
「ハンプ」は高低差を利用して貨車を転走させるための人工の丘です。
転走した貨車は各行先別の線路に送られ、連結のうえ列車に編成されました。

「制走堤」は車両の暴走を止める施設です。
このオブジェは操車場線路の終端にある第4種車止め(制走堤)を模したものです。


DMC-GM1_P1210415.jpg
公園の案内
「オブジェ」と呼ばれているそうです。

位置情報(googlemap)